学生生活のサポート

奨学金

学業成績が優れ,かつ,健康であって,経済的理由により修学に困難があると認められる者については,選考のうえ,奨学金を貸与又は給付する制度があり,主には,日本学生支援機構(旧・日本育英会)の奨学金と民間及び地方公共団体の奨学金があります。ここでは,日本学生支援機構による貸与型奨学金と民間及び地方公共団体の奨学金について主にご案内しています。日本学生支援機構が給付型奨学金の支給を行っている高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金と入学料・授業料免除がセットになったもの)については,こちらをご確認下さい。

(はじめに)

奨学金の申請を希望する場合は,以下の(注意)を確認の上,お手続きください。

また,奨学金に関する取り扱いは,学生生活支援グループ(学生プラザ3階)で行っていますが,霞キャンパスや東千田キャンパスでも書類の配布や受取りを行っています。

(注意)

○奨学金の申請者・受給者に対しての通知は原則,「もみじ」の電子掲示板又はこのホームページにより行い,奨学金希望者に対しての募集はこのホームページで行いますので,定期的に確認するようにしてください。

○奨学金の申請や継続の手続きの期限は厳守してください。一部の書類が間に合わないなど期限までの提出が難しい場合は,事前に学生生活支援グループ奨学金担当にご相談下さい。

○奨学金の貸与や給付を受けているのは学生本人です。奨学生としての自覚を持ち,奨学金に関する申請や手続き,質問は,原則,学生本人が行うようにお願いします。

○奨学生として採用になった後に,学籍の異動(休学,留学,退学等)があった場合は,学部・研究科への届出の他に日本学生支援機構等奨学団体へも届け出なければならないので,学生生活支援グループ奨学金担当まで早めに申し出てください。

1.日本学生支援機構貸与奨学金情報

概要 

  →奨学金の貸与金額,貸与期間,募集時期,奨学生の心得,返還方法,在学猶予(在学届)の提出等に係る情報を確認できます。

学部

 →学部生に関係した奨学金の募集案内、進学届の提出等の諸手続きについて確認できます。

大学院

 →大学院生に関係した奨学金の募集案内、進学届の提出、特に優れた業績による返還免除申請等の諸手続きについて確認できます。

2024.5.20UP!! 教職大学院で貸与を受けた日本学生支援機構第一種奨学金の返還免除について                                                                                                                                 

2.その他の各種奨学団体(地方公共団体・民間奨学団体等)

 →地方公共団体及び民間奨学財団等による奨学団体(以下,「各種奨学団体」という。)は,全国に600団体以上ありますが,設立の趣旨並びに取り扱い要領(出願資格,手続き,交付方法等)は,それぞれの団体によって異なっています。大学を通して募集するものは,ほとんどが3月中旬~6月上旬の間に集中しています。それらのうち,大学から推薦するものについては,事前申請をした学生のなかから候補者を選考したうえで推薦します。(締切が6月中旬以降のものはその都度の申し込み)
 当該各種奨学金の事前申請受付や,各種奨学団体からの募集については,このホームページに掲載しますので,各自確認し手続を行ってください。

3.家計急変,災害等で緊急に奨学金の貸与等が必要な場合

 →家計急変,災害等で緊急に奨学金の貸与が必要な場合は,日本学生支援機構による緊急採用(第一種),応急採用(第二種)への申し込みが可能です。どちらも事由発生から1年以内の申請が必要で,応急採用(第二種)は修業年限の終期まで借りることができ,緊急採用(第一種)も令和6年度からは修業年限の終期を貸与期間として採用することになりました。その他、JASSO災害給付金についての案内もこちらからご確認ください。なお,高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金と入学料・授業料免除がセットになったもので,認定要件を満たした学部生を対象に実施します)による家計急変時の支援や大学院生を対象とした家計急変に起因した授業料免除制度については,こちらをご確認下さい。

お問い合わせ

広島大学教育室教育部学生生活支援グループ(奨学金担当) (学生プラザ3F)
〒739-8514
東広島市鏡山一丁目7番1号
Tel
(082)424-6167,6169 ,  6162
Fax
(082)424-6159                                       E-mail:gkeizai-group@office.hiroshima-u.ac.jp


TOPへ戻る