学生生活のサポート

返還猶予手続き「在学届」の提出について


下記◎の該当学生は必ず「在学猶予願」を提出すること。
提出を怠ると返還金の請求が開始されます。

在学猶予願の申請方法

スカラネットパーソナルにアクセスし、「在学猶予願」を提出する。

その際に必要になる「学校番号」「区分コード」は以下の通りです。

「学校区分」107004    「区分コード」01

◎2021年4月入学(進学)者で,過去に,高校・高専・大学または大学院で日本学生支援機構(旧.日本育英会)の奨学生であった者〔猶予期間:各学種標準修業年限〕

※提出の際は,入学(進学)後の学生番号も必ず入力すること。
※ただし,予約採用候補者で,インターネットによる進学届を提出(入力)する際に,以前の奨学生番号を入力した者は,提出不要です。


◎卒業延期,留年等の理由により引き続き在学する者で,既に奨学金借用期間を満期終了した者〔猶予期間:1年ごとに更新〕

※提出の際は,現在の学生番号を必ず入力すること。
※研究生は一般猶予対象のため,別途所定の手続きが必要です。(詳細は「返還のてびき」の「一般猶予」のページを参照してください。)

◎休学,その他の事由(留学等)で卒業が延期となった者〔猶予期限:事由により伸びる年数〕

※提出の際は,現在の学生番号を必ず入力すること。


提出場所

【東広島地区】 教育室教育部 学生生活支援グループ 奨学金窓口(学生プラザ3F)
【霞地区】 霞地区学生支援室
【東千田地区】 東千田地区支援室


照会先

広島大学 教育室教育部 学生生活支援グループ 奨学金担当
〒739-8514 東広島市鏡山1−7-1
電 話:(082)424−6167,6169
FAX:(082)424−6159
Eメール:gkeizai-group@office.hiroshima-u.ac.jp
(@は,半角の@に置き換えて送信してください)


TOPへ戻る