留学生へのサポート

今もらっている「留学」の在留期間が終わりに近づいてきたら

●現在の在留期限が過ぎても,まだ日本で勉強を続けたい場合は,期間が終了する日までに
『在留期間更新許可申請』を行う必要があります。
もし,更新をせずその まま日本に滞在した場合は,不法滞在となりますので,注意してください。
(在留期限は,在留カードかパスポートで確認することができます。)

                      在留カード (見本)

residence card 1.jpg                パスポートの証印シール (見本)

seal.jpg

在留期間更新許可申請は,必要書類をそろえて,広島出入国在留管理局でおこなってください。
更新手続きは,期間満了日の3ヶ月前から申請可能です。

広島大学では,4月,6月,10月,11月に取次申請(大学を通しての申請)を受け付けています。
受付場所は,東広島・東千田キャンパス:国際交流グループ(学生プラザ3階),
        霞キャンパス:霞国際室(学生支援室)です。
受付期間は,「もみじ」の掲示などで確認してください。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留期間更新許可申請書【在留資格:留学】 ⇒ こちら

* 申請書記入例 ⇒ 【日本語】【英語】【中国語】

●大学 卒業後,大学院博士課程前期又は,博士課程後期 修了後,就職活動を継続して行う場合には,
『在留資格変更許可申請』【在留資格:特定活動】が必要です。
(ただし,対象となる留学生は,大学,大学院の正規課程卒業者のみです。)

申請場所は出入国在留管理局です。国際交流グループでは在留資格変更許可申請について,
必要書類などのご案内をしています。(各自で直接,入国管理局に申請してください。)

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:特定活動】 ⇒ こちら (申請人作成用1~4のみ提出する)

●大学卒業後,大学院博士課程又は,博士課程後期修了後,就職が決まった場合
『在留資格変更許可申請』が必要です。在留資格は職種によって異なり,
技術・人文知識・国際業務,教授などがあります。

申請場所は出入国在留管理局です。国際交流グループでは在留資格変更許可申請について,
必要書類などのご案内をしています。(各自で直接,出入国在留管理局に申請してください。)

入社日までに在留資格を変更しておく必要がありますので,余裕をもって申請してください。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:技術・人文知識・国際業務】 ⇒ こちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:教授】 ⇒ こちら

● 9月修了や「特定活動」で就職活動を続けて就職が決まり,採用までの間日本に滞在する場合,
『在留資格変更許可申請』【在留資格:(内定者の為の)特定活動】の手続きをする必要があります。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:(内定者の為の)特定活動】⇒ こちら (申請人作成用1~4のみ提出する)

                        


TOPへ戻る