留学生へのサポート

今もらっている「留学」の在留期間が終わりに近づいてきたら

●現在の在留期限が過ぎても,まだ日本で勉強を続けたい場合は,期間が終了する日までに
『在留期間更新許可申請』を行う必要があります。
もし,更新をせずその まま日本に滞在した場合は,不法滞在となりますので,注意してください。
(在留期限は,在留カードかパスポートで確認することができます。)

              在留カード (見本)

residence card 1.jpg            パスポートの証印シール (見本)

seal.jpg

在留期間更新許可申請は,必要書類をそろえて,広島出入国在留管理局でおこなってください。
更新手続きは,期間満了日の3ヶ月前から申請可能です。

広島大学では,4月,6月,10月,11月に取次申請(大学を通しての申請)を受け付けています。
受付場所は,グローバル化推進グループ(学生プラザ3階又はウエルカムデスク)です。
        
受付期間は,「もみじ」の掲示などで確認してください。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留期間更新許可申請書【在留資格:留学】 ⇒ 申請書はこちら

* 申請書記入例 ⇒ 【日本語】【英語】

●大学 卒業後,大学院博士課程前期又は,博士課程後期 修了後,就職活動を継続して行う場合には,
『在留資格変更許可申請』【在留資格:特定活動】が必要です。

申請場所は出入国在留管理局です。グローバル化推進グループでは在留資格変更許可申請について,
必要書類などのご案内をしています。(各自で直接,出入国在留管理局に申請してください。)

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら  NEW!

* 在留資格変更許可申請【在留資格:特定活動】 
           ⇒ 申請書はこちら (申請人作成用1~4のみ提出する)

●大学卒業後,大学院博士課程又は,博士課程後期修了後,就職が決まった場合
『在留資格変更許可申請』が必要です。在留資格は職種によって異なり,
「技術・人文知識・国際業務」,「教授」などがあります。

申請場所は出入国在留管理局です。グローバル化推進グループでは在留資格変更許可申請について,
必要書類などのご案内をしています。(各自で直接,出入国在留管理局に申請してください。)

入社日までに在留資格を変更しておく必要がありますので,余裕をもって申請してください。また,高度専門職の在留資格は,転職する際には再度,申請が必要となりますので,ご注意ください。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:技術・人文知識・国際業務】
           ⇒ 申請書類の案内はこちら(入管のウェブサイトへ)
           ⇒ 申請書はこちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:教授】
           ⇒ 申請書類の案内はこちら(入管のウェブサイトへ)
           ⇒ 申請書はこちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:特定活動(本邦大学卒業者)】 
           ⇒ 申請書類の案内はこちら(入管のウェブサイトへ)
           ⇒ 申請書はこちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:特定活動(起業活動)】
           ⇒ 申請書類の案内はこちら(入管のウェブサイトへ)
           ⇒ 申請書はこちら

* 在留資格変更許可申請【在留資格:高度専門職1号イ】(例)大学の研究者等
           ⇒ 高度人材ポイント制の説明資料はこち
           ⇒ ポイント計算表はこちら
           ⇒ 申請書はこちら
      
* 在留資格変更許可申請【在留資格:高度専門職1号ロ】(例)企業の研究者、技術者等
           ⇒ 高度人材ポイント制の説明資料はこちら
           ⇒ ポイント計算表はこちら
           ⇒ 申請書はこちら

● 9月修了や「特定活動」で就職活動を続けて就職が決まり,採用までの間日本に滞在する場合,
『在留資格変更許可申請』【在留資格:(内定者の為の)特定活動】の手続きをする必要があります。

* 申請書類等の案内 ⇒ こちら 
             申請書類の案内はこちら(入管のウェブサイトへ)

* 在留資格変更許可申請【在留資格:(内定者の為の)特定活動】
           ⇒ 申請書はこちら (申請人作成用1~4のみ提出する)

● 新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な留学生及びその家族向けの在留資格変更について
 取扱いが変わりました。

* 特例措置終了について ⇒ こちら NEW!
   これまで「特定活動(6か月間)」の許可でしたが、以下のようになります。
   ①在留期限が2022年11月1日までの方で、帰国困難を理由に在留を希望する場合
    「特定活動(4か月)」の許可
   ②在留期限が2022年11月2日以降の方、帰国困難を理由に在留を希望する場合
    在留資格変更申請不可
   
   


                        


TOPへ戻る