Hiroshima University Syllabus

Back to syllabus main page
Japanese
Academic Year 2022Year School/Graduate School School of Informatics and Data Science
Lecture Code KA304002 Subject Classification Specialized Education
Subject Name インフォマティクスセミナーII
Subject Name
(Katakana)
インフォマティクスセミナー2
Subject Name in
English
Informatics Seminar II
Instructor MUKAIDANI HIROAKI
Instructor
(Katakana)
ムカイダニ ヒロアキ
Campus Higashi-Hiroshima Semester/Term 4th-Year,  Second Semester,  3Term
Days, Periods, and Classrooms (3T) Inte
Lesson Style Seminar Lesson Style
(More Details)
 
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
Credits 1.0 Class Hours/Week   Language of Instruction B : Japanese/English
Course Level 4 : Undergraduate Advanced
Course Area(Area) 25 : Science and Technology
Course Area(Discipline) 02 : Information Science
Eligible Students 4年次生
Keywords 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミング、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法 
Special Subject for Teacher Education   Special Subject  
Class Status
within Educational
Program
卒業論文を作成するための準備 
Criterion referenced
Evaluation
Informatics and Data Science Program
(Knowledge and Understanding)
・I1. Knowledge and ability required for collecting and processing high-dimensional data using information processing technologies based on scientific logic, while understanding the theoretical system that forms the basis of informatics.

(Abilities and Skills)
・I3. Knowledge related to hardware and software, and the programming skills required for efficiently processing data.

(Comprehensive Abilities)
・I2. Ability to provide the most appropriate system solution to a cross-sectional problem in the diversified and complicated information society based on the many forms of cutting edge information technology.
 
Class Objectives
/Class Outline
本セミナーは、卒業論文を作成するための準備的なセミナーとして位置付けられる。主指導教員の指導の下、文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミング、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法について学ぶ機会を提供する。 
Class Schedule 第1回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第2回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第3回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第4回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第5回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第6回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第7回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第8回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第9回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第10回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第11回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第12回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第13回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第14回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法
第15回 文献検索、論文・専門書の輪読、プログラミングの演習、データ分析, 予稿や論文の書き方に関する講習、発表資料の作成、研究発表、研究討論の参加法 
Text/Reference
Books,etc.
主指導教員の指示に従ってください。 
PC or AV used in
Class,etc.
 
(More Details)  
Learning techniques to be incorporated  
Suggestions on
Preparation and
Review
主指導教員の指示に従ってください。 
Requirements  
Grading Method 主指導教員の指示に従ってください。 
Practical Experience  
Summary of Practical Experience and Class Contents based on it  
Message  
Other   
Please fill in the class improvement questionnaire which is carried out on all classes.
Instructors will reflect on your feedback and utilize the information for improving their teaching. 
Back to syllabus main page