広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻法学・政治学プログラム
講義コード WMD00024 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 国際秩序構築論
授業科目名
(フリガナ)
コクサイチツジョコウチクロン
英文授業科目名 Constructing International Political Order
担当教員名 吉田 修
担当教員名
(フリガナ)
ヨシダ オサム
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月5-6:東千田ミーティングルーム4-2
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 02 : 政治学
対象学生 すべての大学院学生
授業のキーワード International Order, South Asia, East Asia, Peace, War, Political Economy 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
 
授業の目標・概要等 How peace and order is created in the international relations will be discussed by examining the contemporary international history of South Asia.  The argument will pay due attention to the political economy of the region and comparative analysis will be employed with reference to the situations in East Asia. 
授業計画 1 Introduction: Special Characteristics of Politics in South Asia
2 Partition in 1947 and the Beginning of Contemporary International Relations in South Asia
3 Indo-Pak Peace between 1949 and 1965
4 China’s Emergence as a Modern Nation State in 1949 and its Impact on the Neighbors
5 Panchsheel or Five Principles of Peaceful Coexistence
6 India-China Border Conflicts
7 India-China Border War of 1962 and its Aftermath
8 Post-Nehru South Asia
9 Second Indo-Pak War
10 South Asia in International Political Economy
11 Third Indo-Pak War and New International Relations in South Asia
12 Nuclearization in South Asia and Soviet Invasion of Afghanistan
13 From Gulf War to Nuclear Weapon Tests in India and Pakistan
14 9.11 as a Decisive Factor for India to Become a Dominant Power in South Asia
15 Future of South Asia in Global Order 
教科書・参考書等 McMahon, Robert J., The Cold War on the Periphery: The United States, India, and Pakistan, New York: Columbia University Press, 1994.
Others are to be announced. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 Hand-outs will be distributed. 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
Check the hand-outs carefully after each class. 
履修上の注意
受講条件等
None. 
成績評価の基準等 By the levels of participation including those of discussion.  Term exam or term paper may be required if the levels of participation is not sufficient for evaluation. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ English will be used as the medium of instruction as well as for discussion by attendants. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ