広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 森戸国際高等教育学院
講義コード 8B214901 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Upper-Intermediate Japanese B-2
授業科目名
(フリガナ)
アッパー―インターメディエイト ジャパニーズ ビーニ
英文授業科目名 Upper-Intermediate Japanese B-2
担当教員名 小口 悠紀子
担当教員名
(フリガナ)
コグチ ユキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5:教K209(国際), (4T) 火6:教K113
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 01 : 日本語圏
対象学生
授業のキーワード アカデミック・ジャパニーズ、聴解、聞き取りのヒント、意味のまとまり 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
 
授業の目標・概要等 身近なトピックにより、日本に対する理解を深めるとともに、多様な場面や状況を理解し、語彙を増やす。聞き取りだけでなく、多様な活動を通して、日本語の運用能力を伸ばす。 
授業計画 以下にあげる聞き取りに重点を置いて、各課の音声談話の内容をより速く正確に理解する練習を行う。

第1回  情報を選択して聞き取る
第2回  話の大意/概要を聞き取る
第3回  話の構成を聞き取る
第4回  縮約された表現を聞き取る
第5回  特殊な発音を聞き取る
第6回  わからない言葉を無視して聞き取る
第7回  試験,essay
第8回  試験のフィードバック


第7回に試験とessayを実施する。第8回は試験のフィードバックをする。 
教科書・参考書等 『留学生のためのアカデミック・ジャパニーズ聴解 中上級』(スリーエーネットワーク) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各課が終わったらCDを聞いて、ディクテーションをやってみること。 
履修上の注意
受講条件等
・本学で実施するプレイスメントテストを受験し、その結果、レベル3(中級)またはレベル4(中上級)と判定された、日本語以外を母語とする者のみ受講できる。 
成績評価の基準等 ディスカッションへの貢献 - 30%    試験 - 20%    宿題 - 20%   Essay – 30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ