広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 教養教育
講義コード 66302001 科目区分 社会連携科目
授業科目名 コミュニケーション・デザイン
授業科目名
(フリガナ)
コミュニケーション・デザイン
英文授業科目名 Communication Design
担当教員名 田中 純子,秋山 洋大
担当教員名
(フリガナ)
タナカ ジュンコ,アキヤマ ヨウタ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火9-10:オンライン,総K206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
対面、オンライン(同時双方向型)の併用 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 03 : キャリア教育
対象学生 全学部、全学年
授業のキーワード 広告、コミュニケーション、メディア、SNS、デザイン 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
課題発見力、解決能力、アイデア発想能力を養う科目 
学習の成果コミュニケーション・デザインの力を用いて、日常生活(社会生活)に潜む様々な課題を解決するスキルを身につける。 
授業の目標・概要等 広島大学出身の広告会社の社員等による授業。広告・コミュニケーションやメディア環境の事例などを交えた基礎講義から、ディスカッション、アイデア発想ミニワークなどの実践までの全8回。楽しく課題を解決するコミュニケーション・デザインのチカラを身につけてほしい。 
授業計画 第1回 コミュニケーション・デザイン概要
第2回 コミュニケーションの最前線(1)
第3回 コミュニケーションの最前線(2)
第4回 デコンストラクション(ミニワーク)国内外の広告事例から課題設定からアイデア発想のタネを見つける
第5回 「課題」を発見・発掘する(ミニワーク)
第6回 課題を解決する「アイデア発想」のヒント(ミニワーク)
第7回 アイデア発想
第8回 総括 課題発見からアイデア発想(ミニワーク)

※講師は未定 
教科書・参考書等 特になし 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 Googleスライド(アカウント取得不要) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回、以下のことを少し気にして授業に臨んでみてください。
・世の中で話題になっているコト・モノは、なぜ話題になっているのか?
・自分が「面白いと思うこと」を因数分解して人に説明できるだろうか?
・日常で解決したいちょっとした「課題」は何か?
・自由にアイデアを考える。くだらない発想でOK
・他の人(受講者)のアイデアや意見を盗んでみる
・授業を通して、広告・コミュニケーションとは何か説明できるようになっているか? 
履修上の注意
受講条件等
学部、学年など一切問いません。 
成績評価の基準等 ミニレポート(ミニワーク)の提出:70%
ディスカッションへの積極参加:30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 学部、学年に関わらず、どなたでも気軽に受講してください。広告・コミュニケーションの事例も交えた楽しい授業を目指します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ