広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7086001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生薬学・臨床漢方学
授業科目名
(フリガナ)
セイヤクガク・リンショウカンポウガク
英文授業科目名 Clinical Kampo Medicine
担当教員名 松浪 勝義
担当教員名
(フリガナ)
マツナミ カツヨシ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月1-4:第2講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義、スライド、板書 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 03 : 薬学
対象学生 薬学部3年生
授業のキーワード SDG_03, SDG_04, アルカロイド、漢方理論、臨床漢方 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
第2ステップ:天然医薬資源
薬学教育モデル・コアカリキュラム:
C 薬学基礎 C5  自然が生み出す薬物 (1)薬になる動植鉱物【①薬用植物】【②生薬の基原】【③生薬の用途】,(2)薬の宝庫としての天然物 【①生薬由来の生物活性物質の構造と作用】【②微生物由来の生物活性物質の構造と作用】【③天然生物活性物質の取扱い】【④天然生物活性物質の利用】,(10)医療の中の漢方薬【②漢方薬の応用】
 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
薬学プログラム
(知識・理解)
・医薬品や無機・有機化合物の基本構造、物理的性質、反応性などの基本的知識と理解●資質⑤

薬科学プログラム
(知識・理解)
・医薬品を含む化学物質に関する知識
(総合的な力)
・1.創薬研究・環境衛生の問題に取り組む積極的態度2.創薬研究・環境衛生の専門職としての社会への責任感3.総合的・科学的かつ沈着冷静な問題解決態度4.チーム研究における協調的態度5.コミュニケーション・発表する能力6.評価・解析力7.情報・通信の積極的利用および管理の能力8.遺伝子組み換え、動物実験に関する倫理的配慮 
授業の目標・概要等 臨床漢方学、アルカロイド類の化学について理解を深める 
授業計画 天然由来のアルカロイド化合物について
脂肪族アミノ酸由来のアルカロイド
チロシン由来のアルカロイド
トリプトファン由来のアルカロイド
ヒスチジン、アントラニル酸、ニコチン酸由来のアルカロイド
ポリケタイド、テルペン由来のアルカロイド
試験(アルカロイド類の天然物化学)
臨床漢方学1:漢方概論
臨床漢方学2:呼吸器疾患
臨床漢方学3:産婦人科疾患(1)
臨床漢方学4:産婦人科疾患(2)
臨床漢方学5:消化器疾患(1)
臨床漢方学6:消化器疾患(2)
臨床漢方学7:がん、その他
試験(臨床漢方学)

小テスト、中間、期末試験の結果をもとに評価。 
教科書・参考書等 パートナー天然物化学 改訂第3版
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 板書、プロジェクターの使用 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業をよく聞くとともにしっかりと復習をして下さい 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 中間、期末試験の結果(40点×2)および、小テスト(20点)の計100点。60点以上を合格とします。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 質問はメールあるいは対面で随時受けます。ただし、対面の場合、メールで事前に連絡が望ましい。 
その他 授業改善アンケートの回答は次年度の講義資料や内容に随時反映させています。
この講義では、下記のSBOsの内容を修得できる。
C5-(1)-①-1, C5-(1)-①-2, C5-(1)-①-3, C5-(1)-①-4, C5-(1)-②-1, C5-(1)-③-1, C5-(1)-③-2, C5-(2)-①-1, C5-(2)-①-2, C5-(2)-①-3, C5-(2)-①-4, C5-(2)-①-5, C5-(2)-②-1, C5-(2)-②-2, C5 -(2)-③-1, C5-(2)-④-1, C5-(2)-④-2, C5-(2)-④-3, E2-(10)-②-1, E2-(10)-②-2, E2-(10)-②-3 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ