広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3142101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 周産期健康障害看護
授業科目名
(フリガナ)
シュウサンキケンコウショウガイカンゴ
英文授業科目名 Disease Management in Perinatal Nursing
担当教員名 村上 真理,藤本 紗央里,小澤 未緒
担当教員名
(フリガナ)
ムラカミ マリ,フジモト サオリ,オザワ ミオ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木5-6:保203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、対面とオンラインを併用 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 2年次生
授業のキーワード SDG_03,04,05 ハイリスク妊産褥婦 ハイリスク新生児 看護 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
看護学教育プログラムの到達目標に基づいて行う期末試験において基本的な説明ができる。 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 心身の健康状態の悪化や将来の重篤な予後が予想されるハイリスク状態にある妊産褥婦・新生児と家族に対する看護援助について理解する。 
授業計画 第1回 ガイダンス 妊娠期の健康障害に対する看護
第2回 切迫流早産の理解と看護(外部講師)
第3回 分娩期の健康障害に対する看護・胎児心拍モニタリング
第4回 妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病の看護(外部講師)
第5回 ハイリスク新生児と家族の看護(小澤未緒)

第6回 産褥期の健康障害に関する看護
第7回 陣痛促進剤事故について知ろう~事故から学び、事故を未然に防ぐために~(当事者)
第8回 期末試験

期末試験 
教科書・参考書等 小林康江、中込さと子、荒木奈緒編:ナーシンググラフィカ母性看護の実践、メディカ出版
仁志田博司:新生児学入門 第5版、医学書院
横尾京子:新生児ベーシックケア-家族中心のケア理念をもとに、医学書院
日本産婦人科学会:産婦人科診療ガイドライン―産科編 2020
https://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_sanka_2020.pdf
日本産婦人科学会:産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020
https://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2020.pdf
日本未熟児新生児学会:正期産新生児の望ましい診療・ケア
http://jsnhd.or.jp/pdf/sinseijikea.pdf 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)、オンライン授業システム 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
予習復習をしっかりすること 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末試験100% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
助産師、看護師、産婦人科医師、新生児科医師の実務経験に基づく講義を展開する 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ