広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 理学部
講義コード HA500000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 解析学I演習
授業科目名
(フリガナ)
カイセキガク1エンシュウ
英文授業科目名 Exercises in Analysis I
担当教員名 平田 賢太郎,寺本 圭佑,橋詰 雅斗
担当教員名
(フリガナ)
ヒラタ ケンタロウ,テラモト ケイスケ,ハシズメ マサト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-6,木1-2:理E104,理E208
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
問題演習, 学生の発表
対面で行うかオンラインで行うかは, 状況に応じて判断する。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 01 : 数学・統計学
対象学生 1年次生
授業のキーワード 実数の連続性, 数列の収束・発散, 級数, 関数の連続性,・微分 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
数学プログラム
(知識・理解)
・現代数学の基盤となる古典的基礎理論を理解する。特定の事象から課題を発見し,説明できる。
(能力・技能)
・数学的基礎能力(概念理解力,計算力,論証力)を身につける。 
授業の目標・概要等 この授業は,解析学Iの講義に則した演習問題を,履修者自身が取り組むことにより微分積分学に関する理解を深め,活用するための基本的な技術を習得することを目的とします。 
授業計画 第1回 高校数学の復習
第2回 実数の連続性(1):実数の公理
第3回 実数の連続性(2):下限と上限
第4回 数列(1):数列の極限
第5回 数列(2):極限の基本的性質
第6回 数列(3):コーシー列と実数の完備性
第7回 級数(1):収束・発散
第8回 級数(2):収束判定法
第9回 級数(3):絶対収束・条件収束
第10回 関数の極限と連続性
第11回 連続関数の基本的性質
第12回 逆関数, 一様連続性
第13回 微分(1):定義と基本的性質
第14回 微分(2):合成関数の微分と逆関数の微分
第15回 微分(3):平均値の定理

解析学Iと共通の期末試験を行う予定です.

なお, 履修生の理解度に応じて適宜小テストやレポートを課すことがあります。 
教科書・参考書等 【教科書】
鈴木武・山田義雄・柴田良弘・田中和永共著「理工系のための微分積分I」内田老鶴圃

【参考書】
白岩謙一著「解析学入門」学術図書出版社
吹田信之・新保経彦共著「理工系の微分積分学」学術図書出版社
笠原晧司著「微分積分学」サイエンスライブラリー数学12,サイエンス社
小平邦彦著「解析入門I」岩波基礎数学選書,岩波書店
高木貞治著「解析概論」岩波書店
黒田成俊著「微分積分」共立出版
田島一郎「イプシロン-デルタ」共立出版
原惟行・松永秀章著「イプシロン・デルタ論法 完全攻略」共立出版

その他,演習書を持っておくことを強く推奨します。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 予習は必要ありませんが,与えられた演習問題を授業時間外も含めてしっかり考えて下さい。
第2回--第15回 考えた問題に対する解答をしっかりノートにまとめましょう。どこまでが分かってどこからが分からないかをきちんと把握することが大事です。演習の時間の発表や演習担当の先生の説明を聴いて自分の解答と比較したり,自分の間違いを指摘されたり,先生や他の履修者に質問したりしましょう。このように予習・復習を繰り返すことで理解が深まっていくはずです。 
履修上の注意
受講条件等
本演習は解析学Iの内容に則していますので,解析学Iと併せて履修して下さい。 (演習の単位のみが必要だという方も,時間が許す限り講義の授業に出席することを強く推奨します。) 
成績評価の基準等 演習時間内での発表状況(30%程度)や, レポート・小テストの成績(30%程度)などの平常点に, 講義・演習共通の期末試験の成績(40%程度)を加味して評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ