広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1046122 科目区分 専門教育科目
授業科目名 行政法2
授業科目名
(フリガナ)
ギョウセイホウ2
英文授業科目名 Administrative Law 2
担当教員名 手塚 貴大
担当教員名
(フリガナ)
テヅカ タカヒロ
開講キャンパス 東千田 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木5-8:東千田M304講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、板書多用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 法学部3・4年生
授業のキーワード 行政救済法、行政上の不服申し立て、行政訴訟、国家賠償法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
ビジネス法務プログラム
(能力・技能)
・法制度の体系的理解にもとづき論理的思考を展開することができる

公共政策プログラム
(能力・技能)
・法制度の体系的理解にもとづき論理的思考を展開することができる

Law and Politics Program
(能力・技能)
・法制度の体系的理解にもとづき論理的思考を展開することができる

法曹養成プログラム
(能力・技能)
・法制度の体系的理解にもとづき論理的思考を展開することができる

法政総合プログラム
(能力・技能)
・法制度の体系的理解にもとづき論理的思考を展開することができる 
授業の目標・概要等 この授業では行政救済法のうち、行政上の不服申し立ておよび行政訴訟の一部を勉強したいと思います。それを以って、学生諸兄が行政救済法の概要を知って、行政法上の諸問題に関する認識・理解を深めることを目標とします。 
授業計画 第1回 イントロダクション

第2回 行政法の基本原理の解説①(行政法の意義、範囲、解釈方法、法源等)

第3回 行政法の基本原理の解説②(行政の行為形式の概観等)

第4回 行政救済の概念、諸類型

第5回 行政上の不服申し立て①

第6回 行政上の不服申し立て②

第7回 行政事件訴訟法①ー抗告訴訟ー

第8回 行政事件訴訟法②ー抗告訴訟ー

第9回 行政事件訴訟法③ー当事者訴訟ー

第10回 行政事件訴訟法④ー機関訴訟・民衆訴訟ー

第11回 国家補償法①ー国家賠償法ー

第12回 国家補償法②ー国家賠償法ー

第13回 国家補償法③ー国家賠償法ー

第14回 国家補償法④ー損失補償法ー

第15回 国家補償法⑤ー損失補償法ー


期末試験を実施します。

授業は講義形式で行います。
また、授業は、諸般の事情でシラバス通りに進まないこともありますが、ご了解ください。 
教科書・参考書等 現在のところ、櫻井敬子・橋本博之『行政法 第6版』(弘文堂、2019年)を利用し、適宜、レジュメ、関連判例に関する資料を配布する予定です。また変更・追加等があれば授業中に適宜お知らせいたします。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
予習・復習については各回の授業に必ず出席し、担当教員の指示に従ってください。 
履修上の注意
受講条件等
学生諸兄に是非実施していただきたいのは、毎回授業に出席し、真剣にきちんと教員の話に耳を傾け、ノートを作成し、真摯に授業に臨むことです。そうすれば必ず好成績を修めることができます。また、行政法1・3および民事訴訟法の履修も必要です。 
成績評価の基準等 試験によります。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 公務員試験等の受験を考えている方には必須の授業です。行政法は抽象性が高く難しいという意見をよく聞きますが、それを恐れていては進歩がありません。したがいまして、私が基本事項を丁寧に、繰り返し、ゆっくりと講義します。 
その他 この授業は、対面を予定しているが、感染状況を踏まえて、
オンデマンド形式で実施する可能性がある。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ