広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2023年度 開講部局 教育学部
講義コード CC332404 科目区分 専門教育科目
授業科目名 年少者日本語教育
授業科目名
(フリガナ)
ネンショウシャニホンゴキョウイク
英文授業科目名 Introduction to Teaching Japanese to Young Learners
担当教員名 奥村 安寿子
担当教員名
(フリガナ)
オクムラ ヤスコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火1-4:教K104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義、演習、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生
授業のキーワード 言語発達、バイリンガル・マルチリンガル、文化言語の多様な子ども、生活言語、学習言語、SDGs 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
(学部生対象科目のみ)
日本語教育の現状と課題に関する基本的な理解を得るための授業科目として位置づけられる。 
到達度評価
の評価項目
(学部生対象科目のみ)
日本語教育プログラム
(能力・技能)
・日本語教育の現状と課題について文献・資料・情報を収集・整理し,問題を明確化する。 
授業の目標・概要等 この授業の目標は、子どもの基本的な言語発達について理解を深め、文化言語の多様な子ども(CLD児)の適切な教育について考察する力を養うことである。複数の言語・文化の中で育つ子どもが増加する中で、この子どもたちの「ことば」を育て、学習や社会的自立を保障するには、どのような教育が必要なのか。この問題に対し、子どもの言語発達過程、バイリンガル・マルチリンガルと発達の関係、バイリンガル教育理論等を踏まえて考察できるようになることを目指します。 
授業計画 第1回 年少者日本語教育の対象【第1週】
第2回 子どもの言語と成人の言語【第1週】
第3回 言語発達の過程1(乳幼児期)【第2週】
第4回 言語発達の過程2(学齢期以降)【第2週】
第5回 バイリンガル・マルチリンガルの言語発達1【第3週】
第6回 バイリンガル・マルチリンガルの言語発達2【第3週】
第7回 日本国内の年少者日本語教育(制度・現状・課題)【第4週】
第8回 日本語指導と教科指導【第4週】
第9回 海外の年少者日本語教育【第5週】
第10回 諸外国のバイリンガル・マルチリンガル教育【第5週】
第11回 神経発達症(発達障害)と年少者日本語教育【第6週】
第12回 個人/グループ発表の準備【第6週】
第13回 個人/グループ発表とディスカッション1【第7週】
第14回 個人/グループ発表とディスカッション2【第7週】
第15回 総括【第8週】


第2,4,6,8,10、11回(第1〜6週)の終了時に授業内小テスト(資料参照可)。
第6回(第3週)終了後に中間レポート。
第14回(第7週)終了後に最終レポート。
試験は実施しない。 
教科書・参考書等 授業中に紹介する 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
事前に配付資料を読み、質問や疑問点を整理し、積極的にグループワークに参加すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業内小テスト(資料参照可)30%
中間レポート 20%
個人/グループ発表 25%
最終レポート 25%
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ