広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 先進理工系科学研究科博士課程前期先進理工系科学専攻理工学融合プログラム
講義コード WSQB0601 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 複雑系構造論
授業科目名
(フリガナ)
フクザツケイコウゾウロン
英文授業科目名 Structure of Complex Matter
担当教員名 宗尻 修治,田中 晋平
担当教員名
(フリガナ)
ムネジリ シュウジ,タナカ シンペイ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-8:総K112
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
対面型と,オンライン型を併用して授業を行います 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 06 : 物理学
対象学生
授業のキーワード 凝縮系の物理,液体構造、非線形、非平衡構造、ダイナミクス 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 物質の性質は物質の構造とその動的挙動に支配される。複雑系物質群のミクロスコピックからメゾスコピックに至る構造および構造形成、さらにそのダイナミクスに関する理論的研究手法を講義する。前半では、非線形ダイナミクスについての理論的手法を、後半では分子動力学シミュレーションを用いた手法について、その例を実験、理論と併せて紹介する。 
授業計画 1. ガイダンス(宗尻・田中)
2. 複雑系・非線形ダイナミクス・カオス(田中)
3. 幾何学的手法(田中)
4. 分岐(田中)
5. 線形問題(田中)
6. 相平面(田中)
7. リミットサイクル(田中)
8. ローレンツ方程式(田中)
9. 分子動力学法とは(宗尻)
10. 分子動力学法と熱力学量1(宗尻)
11. 分子動力学法と熱力学量2(宗尻)
12. 静的構造(宗尻)
13. 動的構造(宗尻)
14. 集団運動の記述(宗尻)
15. 分子動力学実習(宗尻)

各教員からそれぞれレポート課題が課される.
 
教科書・参考書等 Dynamics and Chaos, S. H. Strogatz(田中) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,映像(PC),各自のノートパソコンを利用する 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業のノートをとること。ノートの内容をしっかり復習すること。分からないことが必ずでてくるので、授業中、授業の前後、いつでもよいから質問すること。
 
履修上の注意
受講条件等
学部レベルの基本的な物理学を学んでおくことが望ましい 
成績評価の基準等 出席50%レポート50% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 使用言語:日本語、英語、または日本語英語併用。受講生の使用言語を考慮し、一回目の講義時に知らせる。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ