広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 人間社会科学研究科専門職学位課程実務法学専攻実務法学プログラム
講義コード PA349211 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 民法演習1B
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Seminar of Civil Law IB
担当教員名 神野 礼斉
担当教員名
(フリガナ)
ジンノ レイセイ
開講キャンパス 東千田 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-6
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
1)受講者が,家族法について基本的な理解があることを前提に,授業を進めていく。
2)受講者は,TKC上の指示にしたがって,あらかじめ例題や判例を検討したうえで,授業に臨むことが求められる。
3)授業中は,受講者との質疑応答を通じて,基礎知識を確認し,さらに例題の検討を通じて,基礎知識を具体的事実関係にあてはめて応用できる能力を確実なものにする。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 2年次
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
必修【a 法律基本科目】 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【目標】家族法について,体系的理解を得ること,法曹にとって必要な事例分析能力・法的思考能力を養うこと,自分自身の考えを適切に口頭や文章で表現する能力を育成する。また,民法演習1Aによる条文の文言と構造に沿った問題解決という思考の実践として条文上明らかでない点に関する理論展開を学び取ることを目的とする。そのために,本講義では,受講者との質疑応答を通じて,基礎知識を確認し,さらに例題の検討を通じて,基礎知識を具体的事実関係にあてはめて応用できる能力を確実なものにすることを行う。
【概要】主に親族・相続関係に関し,具体的な事例を素材として,実務上・理論上重要な諸問題について検討する。主たる内容は,(1)婚姻,(2)相続人,(3)遺産共有,(4)遺産分割,(5)遺言,(6)遺留分である。 
授業計画 1.相続人
2.遺産共有
3.遺産分割
4.遺言
5.親子
6.婚姻
7.離婚
8.家族法総合 
教科書・参考書等 1)TKCに掲示するレジュメを教材として使用する。
2)水野紀子ほか編『民法判例百選Ⅲ[第2版]』(有斐閣,2018年) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 板書 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
詳細はTKCを参照すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末試験100% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ