広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期教育科学専攻教師教育デザイン学プログラム
講義コード WNB28051 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 子どもと学習材デザイン発展研究a
授業科目名
(フリガナ)
英文授業科目名 Advanced Study in Children and the Design of Teaching Materials a
担当教員名 真野 祐輔
担当教員名
(フリガナ)
シンノ ユウスケ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月7-10:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
講義と演習,文献研究 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生
授業のキーワード タスクデザイン,算数・数学,学習材,子ども 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 本授業では,学習材デザインの一つのアプローチとして算数・数学に関するタスクデザインの方法を講義と演習を通して学ぶ。特に算数科における論証活動を事例として取り上げ,文献研究に基づき実際にタスクをデザインする。 
授業計画 第1回 ガイダンス:子どもと学習材デザイン基礎研究の振り返り
第2回 学習材デザインの原理と方法(算数・数学科を中心に)
第3回 学習材デザインに関する文献研究(1):理論的内容
第4回 学習材デザインに関する文献研究(2):方法論的内容
第5回 学習材デザインに関する文献研究(3):事例的内容
第6回 学習材に関する事例研究(1):算数科の数領域における論証活動
第7回 学習材に関する事例研究(2):算数科の図形領域における論証活動
第8回 学習材に関する開発演習(1):算数科の数領域における論証活動
第9回 学習材に関する開発演習(2):算数科の図形領域における論証活動
第10回 学習材デザインの原理の検討(1):先行研究の吟味
第11回 学習材デザインの原理の検討(2):原理の設定
第12回 原理に基づく学習材デザインの評価・改善(1):数領域
第13回 原理に基づく学習材デザインの評価・改善(2):図形領域
第14回 開発・研究成果の発表
第15回 振り返りとまとめ

レポート 
教科書・参考書等 授業時に指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料には英文を含む。ノートパソコンを持参すること(要充電)。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回,第2回:自らの課題意識に基づき,更に資料を収集,検討することにより,授業で扱われた現状及び課題についての理解をより具体的にする。
第3回〜第9回:タスクデザイン演習
第10回〜第11回:タスクデザインの原理を設定する
第12回〜第14回:演習を進め,成果発表の準備をする
第15回:全体を通してタスクデザインに関する理論的・実践的課題を整理するとともに,自らの課題を明確にする。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポートの内容,発表,討議などを総合して評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 本授業の履修に際しては,第1タームに開講される「子どもと学習材デザイン基礎研究a」を履修済みであることが望ましい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ