広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻法学・政治学プログラム
講義コード WMD00028 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 民事訴訟の理論と実務
授業科目名
(フリガナ)
ミンジソショウノリロントジッセン
英文授業科目名 Civil Procedure:Theory and Practice
担当教員名 宮永 文雄
担当教員名
(フリガナ)
ミヤナガ フミオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月5-8:法・経A213
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心、ディスカッション、学生の発表
オンライン授業の方式については別途掲示する 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生
授業のキーワード 民事訴訟法, 民事手続法, SDG_16 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 民事手続に関連する諸論点について、理解を深めることを目標とする。  
授業計画 民事手続法(主として民事訴訟法)の分野から、受講者の興味・関心に応じて、テーマを設定する。
第1回:ガイダンス
第2回―第15回:受講者と相談のうえ決定した各論点について、配布資料をもとに、報告者に報告してもらい、それに基づいて全員で討論を行う。


試験は実施しない。 
教科書・参考書等 文献のコピー等を適宜配布する。  
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回とも、報告者が事前に指定・配布した文献を全員が読んで来ること。 
履修上の注意
受講条件等
学部で民事訴訟法を履修しているなど、民事訴訟法の基本的な知識があることが望ましい。 
成績評価の基準等 報告(60%)・授業への積極的な参加(40%)  
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 遠隔授業を併用することがあるので、掲示に注意すること。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ