広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻人文学プログラム
講義コード WMBX3102 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 有形文化財研究法II
授業科目名
(フリガナ)
ユウケイブンカザイケンキュウホウII
英文授業科目名 Lecture on Research Methods in Art II
担当教員名 安嶋 紀昭
担当教員名
(フリガナ)
アジマ ノリアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 集中:教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、ディスカッション
・授業方法は受講生にメール等で個別に連絡する。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 09 : 考古学・文化財学
対象学生 博士課程前期生
授業のキーワード 美術 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 密教絵画の研究方法に関する専門的知識の習得 
授業計画 第1回 ガイダンス、研究対象作品の選定と研究の方向性
第2回 先行研究の読解
第3回 先行研究の検証
第4回 先行研究の問題点の抽出
第5回 『大正新脩大蔵経図像篇』による図像学的考察
第6回 白描図像による図像学的考察
第7回 彩色画像による図像学的考察
第8回 彫刻現存遺例による図像学的考察
第9回 4x5判カラーポジ写真による様式上の考察
第10回 顕微写真による様式上の考察
第11回 反射赤外線写真による様式上の考察
第12回 透過レントゲン写真による様式上の考察
第13回 文献資料の読解と検討
第14回 歴史的背景の考察
第15回 まとめ、研究対象作品の存在意義

適宜実施。 
教科書・参考書等 その都度指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 パソコンあるいはスライドプロジェクターからの投影写真 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回~第15回 各回で取り上げた現存遺例の実物を良く見ること。 
履修上の注意
受講条件等
受講は、本学文学部文化財学分野における日本美術史学研究および文化財学演習、あるいは他学における同レベルの専門科目を履修した者に限る。  
成績評価の基準等 受講の態度や積極性50%程度および定期試験等50%程度を基準に、総合的に評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
文部技官(東京国立博物館主任研究官)として光画像計測法の応用による国宝・重要文化財の実査経験を基に、現存遺例の読解法を教授する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ