広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻人文学プログラム
講義コード WMBM1302 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 日本古典文学注釈研究D
授業科目名
(フリガナ)
ニホンコテンブンガクチュウシャクケンキュウD
英文授業科目名 Study of Japanese Classical Literature D
担当教員名 高尾 祐太
担当教員名
(フリガナ)
タカオ ユウタ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木3-4:教員研究室
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 05 : 文学
対象学生
授業のキーワード 中世文学、正徹、和歌、草根集 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 『草根集』を読む。
正徹は室町時代きっての冷泉派歌人である。藤原定家に傾倒し、その歌風は言語を超越した詩的な余情を「幽玄」と呼び、それを独特な言葉遣いによって醸し出す前衛的なものであった。そんな正徹の歌一万首強が、弟子正広編の『草根集』に収められている。『草根集』の読解を通じて、正徹の和歌に対する思索と実践について考える。
テクストの精読・資料調査を通じて、自ら問題点を発見し、分析・考察する力を身に付ける。 
授業計画 第1回
イントロダクション・課題の提示
第2回
文献輪読・担当範囲の決定
第3回以降
学生担当者による発表

定期試験は実施しない 
教科書・参考書等 必要な範囲のプリントを作成する 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
自身の発表担当箇所の調査・資料作成はもちろん、他の学生による発表に対しても、十分な予習の上、質疑応答への参加を求める。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表の内容、質疑への参加により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ