広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WD201100 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 水産資源管理学I
授業科目名
(フリガナ)
スイサンシゲンカンリガクイチ
英文授業科目名 Fish Biology and Fisheries I
担当教員名 冨山 毅,坂井 陽一
担当教員名
(フリガナ)
トミヤマ タケシ,サカイ ヨウイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 集中:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義と演習,内容概説 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 大学院前期課程1年
授業のキーワード Excel、水産資源、生活史特性、SDG_14 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 Microsoft Excelを活用した解析手法について学習する。特に、ピボットテーブルやMicrosoft Excelのアドインであるソルバー機能を活用した解析手法を学習する。例題として水産資源学の解析事例を体験し、概説することによって、理解を深める。 
授業計画 水産資源学の解析手法を演習しながら、概説する。
第1-2回 序論
第3-8回 ピボットテーブルを用いた解析(データ集計法)
第9-14回 ソルバーを用いた解析(生残と死亡、魚類の成長)
第15回 総合演習

数回のレポート課題を実施 
教科書・参考書等 講義形式(演習と概説)
用いる資料は適宜指定する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト(配付資料),パワーポイント等(Bb9かmoodleかどちらかを使用します) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
終了後に役に立つ解析手法があれば復習すること 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 講義への出席態度とレポート提出により評価。
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
県職員として水産業に関わる研究や行政の経験を有する教員が、水産業の現場における諸問題や研究による問題解決事例を解説する。 
メッセージ この講義は,希望があれば英語で行います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ