広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 大学院共通教育(博士課程前期)
講義コード 8E500302 科目区分 大学院共通科目
授業科目名 人文社会系キャリアマネジメント
授業科目名
(フリガナ)
ジンブンシャカイケイキャリアマネジメント
英文授業科目名 Career Management - Theory & Career Development
担当教員名 森田 佐知子
担当教員名
(フリガナ)
モリタ サチコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木7-10:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
オンライン同期型による講義とディスカッションを中心とした授業を予定。
講義についてはオンライン非同期型で実施する場合があります。
 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 03 : キャリア教育
対象学生 大学院生(人文社会科学・教育系だけでなく理工系に属する学生も受講できます)
授業のキーワード SDG_08、SDG_17、キャリアマネジメト、キャリア理論、社会人基礎力 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 この授業の目標は次の3点です。
1.キャリア理論を学習することで、自分の研究とキャリア(生き方)をどのように関連づけるかを考える契機とします。
2.具体的進路の可能性をさぐるために、自己理解・社会経済環境理解を進めます。
3.演習やグループワークを通して、社会で求められる自己表現力やコミュニケーション力を養成します。 
授業計画 第1回 はじめに 授業のねらいについて
第2回 キャリアマネジメントの基礎1 キャリア理論
第3回 キャリアマネジメントの基礎2 自己理解1(価値観)①
第4回 キャリアマネジメントの基礎2 自己理解1(価値観)②
第5回 キャリアマネジメントの基礎3 自己理解2(自分の強み)
第6回 自己表現力 書く1 自分の研究内容と強みを伝える文章の書き方
第7回 自己表現力 書く2 学生の発表と討論①
第8回 自己表現力 書く2 学生の発表と討論②
第9回 キャリアマネジメントスキル1 職業に関する情報収集
第10回 キャリアマネジメントスキル2 インターンシップとネットワーキング
第11回 自己表現力 話す 自分の研究内容と強みを口頭で伝える①
第12回 自己表現力 話す 自分の研究内容と強みを口頭で伝える②
第13回 キャリアマネジメントスキル3 日本における就職活動
第14回 キャリアマネジメントスキル4 コミュニケーション
第15回 まとめ

試験は実施しません。授業の中でレポートを書いてもらいます。 
教科書・参考書等 必要に応じ指示します。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 パソコン 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第2回・第9回・第10回・第13回・第14回 日本や諸外国における若者のキャリア形成、キャリアの理論、社会人基礎力の伸ばし方について理解しましょう。
第3回・第4回・第5回 ワークを通じて自己理解を深めましょう。
第6回・第7回・第8回 わかりやすい文章を書いてみましょう。
第11回・第12回 コミュニケーション力とプレゼンテーション力を高めましょう。 
履修上の注意
受講条件等
大学院生であれば誰でも受講できます 
成績評価の基準等 次の2点を総合的に評価します。
授業中に課せられる課題・発表(50%)・最終レポート(50%) 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
日本の企業、国内外の公的研究所、国際機関での業務経験があります。大学院での学びとキャリアとの関係性を、より広い視点で認識できるように、経験も交えながら伝えます。(三須)
日本の企業における人事(採用担当)、人事コンサルタント等の実務経験があります。国内外の状況を踏まえ、みなさんが卒業後もご自身のキャリアをマネジメントしていくための知識とスキルを伝えます。(森田) 
メッセージ 研究との関連において、自分自身の生き方を考えたい人のための授業です。 
その他 授業内容は、履修生の進捗により変更することがあります。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ