広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 67090001 科目区分 社会連携科目
授業科目名 学生生活概論-生き方と暮らし方のヒント-
授業科目名
(フリガナ)
ガクセイセイカツガイロン-イキカタトクラシカタノヒント-
英文授業科目名 Introduction to Student Wellness
担当教員名 磯部 典子
担当教員名
(フリガナ)
イソベ ノリコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金5-8:総K211
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 01 : 初年次教育
対象学生 全学生
授業のキーワード 生き抜く力、心身の発達促進、ライフスキル、セルフヘルプ、ピアサポート 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 個人の発達・成長を促進し健康で安全な学生生活を送るために必要となる最新の知見を学んで、現代社会を生き抜くライフスキルを身につける。 
授業計画 第1回 オリエンテーション、ストレスマネジメント(磯部典子)
第2回 学生生活に役立つ行動の変容(高垣耕企)
第3回 こころの健康と支援1(岡本百合、三宅典恵、吉野敦雄)
第4回 こころの健康と支援2(岡本百合、三宅典恵、吉野敦雄)
第5回 大学生のこころと成長(野瀬祥代)
第6回 エンカウンター・グループから学ぶ(大島啓利)
第7回 学生生活と消費トラブル(消費生活センター 川村佐和子)
第8回 応急処置について学ぼう(宮内俊介)
第9回 大学生のコミュニケーション(石田貴洋)
第10回 キャンパスライフとフィジカルヘルス1(日山亨)
第11回 キャンパスライフとフィジカルヘルス2(宮内俊介)
第12回 セクシュアリティについて(松高由佳)
第13回 今一度メンタルヘルスを考える(岡本百合、三宅典恵、吉野敦雄)
第14回 依存をめぐる問題ーアルコール・薬物依存(石原克秀)
第15回 大学生活とピアサポート活動(黄正国)

毎回講義の終わり10分程度で、講師から出された課題に回答し提出してもらう。

講義の順番は、講師の都合により変更となる場合がある。 
教科書・参考書等 講義資料は、講義の前にBb9で配信する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 パワーポイント、映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
Bb9で配信された講義資料を事前に読んでおくこと。 
履修上の注意
受講条件等
学生による学生の支援活動を行うピアサポーター養成の一部をこの授業が担っている。広島大学ピアサポートルームのピアサポーターを志望する学生は必ず履修すること。 
成績評価の基準等 授業中課題(100%)
15分以上遅刻した者は、欠席と同等の扱いとする。また私語や講義に関係のないことをしていた者には警告し、成績評価の際に考慮する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
保健管理センター職員(臨床心理士、医師、看護師)の他、その分野の専門の学内外講師を招聘し、オムニバス形式で行う。 
メッセージ 身近な人と互いに支え合う、健康で安全なキャンパスライフを応援します。
この授業は、広島大学が全国の大学の中でも先駆けて行ってきた、学生による学生の支援「ピアサポート」を行う学生ボランティア「ピアサポーター」の養成の一環として行っています。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ