広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 65254201 科目区分 社会連携科目
授業科目名 オンライン国際協働演習(e-START)B
授業科目名
(フリガナ)
オンラインコクサイキョウドウエンシュウB
英文授業科目名 Collaborative Online International Seminar B
担当教員名 金子 慎治,新福 洋子,陳 三妹,荒見 泰史,山本 孝子
担当教員名
(フリガナ)
カネコ シンジ,シンプク ヨウコ,チン サンメイ,アラミ ヒロシ,ヤマモト タカコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:詳細はもみじ教養HP参照(東広島開講)
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
 
 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 06 : グローバリゼーション・国際協力
対象学生 全学年、全学部
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果・外国語運用能力や国際コミュニケーション能力の向上
・異文化理解及び多様性についての認識
・オンラインツールを使ったアクティブラーニングの活用能力向上
 
授業の目標・概要等 受講生は海外の大学生と専門講義の受講及び相互文化研修を行い、海外の大学生と英語でグループ発表を行う。ディスカッションやアクティブラーニングを通して、多角的にコーステーマについて理解を深め、海外学生と協働で課題発見・解決に向けた方策を立案する論理的思考力を培う。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2~8回  専門講義(本学教員,海外大学の教員)
第9~28回 海外大学の学生との相互文化研修
第29~30回 グループ発表
 
教科書・参考書等 コースにより参考図書などは事前に説明する 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
コース担当教員の指示の下、授業の準備及び復習を行うこと。 
履修上の注意
受講条件等
最終セメスター学生(学部4年生等)は原則「単位不要」で登録されます。 
成績評価の基準等 講義及び相互文化研修内での参加姿勢・態度、グループ発表での取組及び貢献度並びに課題レポートに基づき総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 国際交流の意義を実感し,専門学習や留学へと結びつく貴重なステップとなるでしょう。意欲あふれる学生のみなさんの参加をお待ちしております。 
その他 使用言語は基本的には日本語及び英語です。英語は海外大学の教員が提供する専門講義の受講,及び海外の学生との相互文化研修の際に使用します。コースによってはその他外国語を使用する場合があるので、学生募集時のコース一覧を確認してください。
また,この授業では授業中に発声を求めるため,オンラインで受講する場合は受講場所に注意してください。
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ