広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 65230001 科目区分 領域科目
授業科目名 科学史B
授業科目名
(フリガナ)
カガクシB
英文授業科目名 History of Science: B
担当教員名 中尾 麻伊香
担当教員名
(フリガナ)
ナカオ マイカ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金5-8:総K108
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 08 : 科学史・技術史
対象学生
授業のキーワード 放射能、原爆開発、戦争と国家、科学者、冷戦 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
科学は不変の真理を扱った学問というイメージを抱くが、その一方で、科学は古代からの長い歴史を持っており、時代によって様々な諸相を示している。本講義を通じて、現代における科学の営みを現代世界のありかたと関連させて見るきっかけを与える。 
学習の成果現代科学の営みを多角的な視点から理解できるようになる。 
授業の目標・概要等 科学は、その時代の社会と密接に結びついて発展してきた。この講義では、20世紀の科学に焦点を当て、科学の営みと国家や政治との関係を学んでいく。前期の科学史Aと連続しているが、履修していなくても理解できる内容である。 
授業計画 第1回:イントロダクション
第2回:X線と放射能
第3回:人種、民族をめぐる科学
第4回:性差をめぐる科学
第5回:大量殺戮兵器と戦争
第6回:科学における人体実験
第7回:原爆開発
第8回:原爆から水爆へ
第9回:冷戦期の科学
第10回:公害問題と科学
第11回:環境をめぐる科学
第12回:環境と経済
第13回:生命科学の進展
第14回:21世紀の科学
第15回:まとめ

期末試験を実施予定 
教科書・参考書等 授業中に示す。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
特に予備知識は必要としない。各回で配布する資料に目を通すこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 コメントシートと期末試験で評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 状況によってはオンラインに移行する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ