広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 64323001 科目区分 外国語科目
授業科目名 インテンシブ中国語IIB[1総,1文,1教日,1法,1経]
授業科目名
(フリガナ)
インテンシブチユウゴクゴ2B
英文授業科目名 Intensive Chinese IIB
担当教員名 任 占鵬,山本 孝子
担当教員名
(フリガナ)
ニン センホウ,ヤマモト タカコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月9-10,金9-10:オンライン
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 06 : 中国語圏
対象学生 1年生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果1)中国語の正確な発音を身につけること。
2)口頭表現を中心に,中国語の基礎を学ぶこと。 
授業の目標・概要等 この授業は、ベーシック中国語Ⅳを基礎と有機的に連動させつつ、中国語運用能力をさらに一段高めることを目指した授業です。少人数クラスで集中的に発音や会話を学び、基礎的なコミュニケーションが可能なレベルを目指します。
各回の授業では、コミュニケーション活動ができるようになるためのタスクを繰り返し、口頭表現を中心に中国語を学びます。 
授業計画 第1回 “是…的”構文/程度補語
第2回 “是…的”構文/程度補語
第3回 経験態“过”/動作量・時間量
第4回 経験態“过”/動作量・時間量
第5回 動詞の重ね形/V一V/状語(形容詞)/形容詞の重ね形/地
第6回 動詞の重ね形/V一V/状語(形容詞)/形容詞の重ね形/地
第7回 結果補語(1)
第8回 結果補語(1)
第9回 結果補語(2)
第10回 結果補語(2)
第11回 方向補語
第12回 方向補語/可能補語
第13回 状態補語
第14回 状態補語
第15回 復習
第16回 試験


教科書のとおりに授業を進めます。 
教科書・参考書等 『新概念漢語』、ほか授業中に指示します。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業の進み具合に鑑み、授業中適宜に指示します。 
履修上の注意
受講条件等
1)対象は,ベーシック中国語Ⅳを履修している学生に限られます。
 
成績評価の基準等 以下を目安として総合的に評価します。
平常点:40%程度 期末試験:60%程度
詳細については初回授業時のガイダンスで説明します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 担当教員と連絡を取りたい場合には、教育推進グループ(教養教育担当)に連絡する 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ