広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 62056001 科目区分 領域科目
授業科目名 日本文化事情
授業科目名
(フリガナ)
ニホンブンカジジョウ
英文授業科目名 Contemporary Issues of Japan
担当教員名 河本 尚枝
担当教員名
(フリガナ)
カワモト ナオエ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金5-8:総K203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心,ディスカッション、グループワーク
This class is generally conducted in person, however, students who are unable to enter Japan due to travel restrictions will be allowed to take the class online. For online participants, please click on the link below to take the course.
https://teams.microsoft.com/l/team/19%3a0bf7b5f8a8274e53a686d2715610bb52%40thread.tacv2/conversations?groupId=99f414df-1059-4ba3-9604-3eadbae8adba&tenantId=c40454dd-b263-4926-868d-8e12640d3750 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生 学部生、HUSA
授業のキーワード 日本、文化、社会
実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 This course aims students to learn Japanese culture and society from various viewpoints and to practice cultural competency (or the ability to understand, interact, and work well with people of different cultures). 
授業計画 Lesson 1 (April 8)
Introduction to the course

Lesson 2 (April 8)
Foundations of Japan

Lesson 3 (April 15)
Ie (家): Japan’s family system

Lesson 4 (April 15)
Ie (家): Japan’s family system

Lesson 5 (April 22)
Socialization: how children are educated/disciplined in a family

Lesson 6 (April 22)
Socialization: how children are educated/disciplined in a family

Lesson 7 (May 6)
The education system

Lesson 8 (May 6)
The education system

Lesson 9 (May 13)
Classification and ethnic diversity in Japan

Lesson 10 (May 13)
Classification and ethnic diversity in Japan

Lesson 11 (May 20)
Working life in Japan

Lesson 12 (May 20)
Working life in Japan

Lesson 13 (May 27)
Government and the craft of politics

Lesson 14 (May 27)
Government and the craft of politics

Lesson 15 (June 6)
Review


Term-end report
Details will be announced in the class.

Note: Schedule is subject to change. 
教科書・参考書等 資料を配布します 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 音声教材,映像(PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
Homework is assigned in all classes. Finish all homework and submit them in time. Late submission will NOT be accepted. 
履修上の注意
受講条件等
【担当教員からみなさんへ】
履修登録を希望する人は必ず読んでください。

1.授業はすべて英語で行います
*授業の使用言語は英語です。授業中に日本語での補足説明や日本語で作成した資料の配布はありません。期末レポートも英語で作成します。
*授業で配布する資料は海外の大学で教科書として使用されている書籍等です(英語学習のために語彙を制限して書かれたものではありません)。

2.日本人と留学生の共修科目です
*授業では留学生と小グループを作り、ディスカッションやグループワークを行います。グループ分けは教員が行います。

3.受講生に期待すること
*ディスカッションやグループワークで積極的に発言し、意見を出し合って課題に取り組んでください。

4.この授業は「日本文化紹介」ではありません
*この授業では講義とディスカッションと通じて日本文化を理解し、他の国とどう違うのか、なぜそのような文化があるのか等を学びます。 
成績評価の基準等 In-class tasks and reflection sheet 30%
Homework 30%
Term-end report 40% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
国内外で教えた経験を踏まえ、日本の社会と文化を相対的に捉えることを目指して授業を行います。 
メッセージ 教科書から学ぶことは非常に重要です。それと同様に、経験(実例)から敷衍して全体を学ぶことも重要です。各国出身のクラスメートと話し合い、学びましょう。積極的に授業に参加する学生の履修を待っています。 
その他 受講定員は50人です。受講希望者が定員を超える場合は抽選で受講者を決定します。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ