広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 62011002 科目区分 領域科目
授業科目名 日本史B
授業科目名
(フリガナ)
ニホンシB
英文授業科目名 Japanese HistoryB
担当教員名 中村 江里
担当教員名
(フリガナ)
ナカムラ エリ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月1-4:総K211
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心。授業は、対面授業と、Microsoft Teamsを使ったオンライン授業、オンデマンド授業を併用して行いますので、ご希望の形式を選択してください。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 07 : 史学
対象学生
授業のキーワード 日本近代史/日清・日露戦争/日中戦争/アジア・太平洋戦争/植民地支配 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果(1)歴史と自分、歴史と現在をつながりをもったものとして理解できる。
(2)現在とは異なる文化や社会の中で生きた人々への想像力を持てるようになる。
(3)日本と世界をとりまく諸問題について、自らの問いを立て、歴史的に考察できるようになる。 
授業の目標・概要等 ◆授業の目標
(1)日本近代史研究の多様な方法や論点について理解する。
(2)近代日本の歩みを、東アジアや世界の歴史の中で考察できる。
◆授業の概要
明治維新からアジア・太平洋戦争の敗戦に至るまでの日本近代史の概説とテーマごとの考察や映像視聴を行う。近代日本の歴史は戦争及び植民地支配と不可分であり、現在でもなおその歴史認識をめぐる論争が生じている。本講義を通じて、近代日本の歴史に関する基本的な流れを理解し、今後の日本と東アジア及び世界との関係を考えるきっかけとしてほしい。 
授業計画 第1回:日本の開国と東アジア伝統秩序の変容
第2回:(テーマ1)学校教育と「国民」の創出
第3回:自由民権運動
第4回:(テーマ2)東アジアと世界の憲法・議会
第5回: 内国植民地と同化政策
第6回:日清戦争と台湾支配の始まり
第7回:日露戦争と朝鮮支配の始まり
第8回:(テーマ3)人の移動と交流
第9回:ワシントン体制と大正デモクラシー
第10回:(テーマ4)ジェンダーの視点から考える東アジアの近代史
第11回:満州事変と日中全面戦争
第12回:(映像視聴)
第13回:第二次世界大戦とアジア・太平洋戦争
第14回:(テーマ5)戦争動員のメカニズム
第15回:日本の敗戦

全ての授業終了後に期末試験を行う。 
教科書・参考書等 ・教科書
宮地正人監修、大日方純夫・山田朗・山田敬夫・吉田裕『増補改訂版 日本近現代史を読む』新日本出版社、2019年。
・参考文献
日中韓3国共同歴史編纂委員会編『新しい東アジアの近現代史(上)(下)』日本評論社、2012年。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回:教科書の序章・第1章を読む。
第2回:教科書の第2章を読む。
第3回:教科書の第3章を読む。
第4回:各国の憲法と議会の成立について調べる。
第5回:配布資料を読み、アイヌ・沖縄にとっての近代を理解する。
第6回:教科書の第4章・6章を読む。
第7回:教科書の第5章・6章を読む。
第8回:配布資料を読み、近代日本の戦争・植民地支配がどのような人々の移動を生み出したのか理解する。
第9回:教科書の第8章・9章を読む。
第10回:配布資料を読み、日本の近代化・都市化とジェンダーについて理解する。
第11回:教科書の第10章~12章を読む。
第12回:映像を見て、広島の歩兵第11連隊とアジア・太平洋戦争の関わりを考える。
第13回:教科書の第14章・16章・17章を読む。
第14回:教科書の第13章・15章・17章を読む。
第15回:教科書の第18章・19章を読む。 
履修上の注意
受講条件等
・受講者数や授業形式に応じて、授業計画に多少変更が生じることがある。感染状況によって全面オンライン授業になる場合は、Bb9ともみじで進め方について事前に連絡するので、必ず確認すること。
・担当教員は日本現代史(第3ターム)で戦後日本史の授業も開講しているので、セットで受講することをお勧めする。 
成績評価の基準等 平常点(リアクションペーパー、小テスト・小課題):50%、期末試験:50%
2/3 以上の出席をしていない場合は、単位修得不可。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ