広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 61256001 科目区分 領域科目
授業科目名 西欧語圏の文学
授業科目名
(フリガナ)
セイオウゴケンノブンガク
英文授業科目名 Literature in Western Languages
担当教員名 武田 紀子
担当教員名
(フリガナ)
タケダ ノリコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金1-4:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 05 : 文学
対象学生
授業のキーワード 西欧、文学、読者 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 西欧語圏の文学を理解する為の基礎知識を習得すると共に、西欧語による代表的文学作品を読む。 
授業計画 第1回 プロローグ(「西欧語圏」という概念と文学について)
第2回 英語による近代詩を読む(1)
第3回 上記作品が日本文学へ及ぼした影響について考える
第4回 英語による近代詩を読む(2) 
第5回 上記作品が日本文学へ及ぼした影響について考える  
第6回 フランス語による近代詩を翻訳で読む
第7回 上記作品が及ぼした国際的な影響の展開について考える
第8回 第7回の続き
第9回 英語による物語を読む
第10回 英国伝承童謡(別名「マザー・グース」)について
第11回 西欧語圏の戯曲について
第12回 文学と読者の関係について
第13回 西欧語圏の文学の国際的展開について 
第14回 第14回の続き
第15回 エピローグ(授業のまとめ) 
教科書・参考書等 『比較文学への誘い』(新田義之著、大学教育出版発行)
加えて、原則としてBb9を通じて、適宜資料を配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
アドバイスは、まず最初の授業時に全体的に行い、その後各回において適宜指示する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 ターム末試験(70点分)と小テスト形式の課題提出(30点分)により評価する。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ この授業を通じて、巧みな言語表現の宝庫である文学作品の意義を再確認して下さい。 
その他 一昨年度前期から実施されているオンライン授業には、「受講生から質問がし易い」とか「説明の密度が高くなる」等の様々な利点が有る。その多くの長所を生かし、当授業では、文学作品を綿密に読む時間を確保したいと考えている。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ