広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 61010002 科目区分 領域科目
授業科目名 哲学A
授業科目名
(フリガナ)
テツガクA
英文授業科目名 PhilosophyA
担当教員名 笠木 雅史
担当教員名
(フリガナ)
カサキ マサシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月1-4:総K204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義、質疑応答

対面で授業を行う予定だが、コロナ状況によってはオンラインに切り替えることもありうる。オンラインで行う場合は、Microsoft Teamsを使用する。 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 01 : 哲学
対象学生
授業のキーワード 哲学, 認識論, 知識, 合理性, 懐疑論 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 哲学の一分野である認識論を中心に、哲学をどのように行うのかを学習する。認識論は、「どのようにして知識を獲得するのか」、「合理的な信念とはどのようなものか」といった知識や合理性などの認識に関する諸現象・諸問題を探求する分野である。こうした問題について考えるための基礎理論を学習するとともに、自分で考えるという実践を行う。 
授業計画 第1回 イントロダクション:哲学とはどのような学問なのか
第2回 さまざまなタイプの知識:知識と正しい見解を持つことはどのように異なるのか
第3回 知識の価値:なぜ知識は重要なのか
第4回 知識の定義:知識とはどのようなものか
第5回 知識の構造:信念を正当なものにするのは何か
第6回 合理性:合理的な信念とはどのようなものか
第7回 能力と知識:どのような能力が知識を生み出すのか
第8回 知覚的知識:知覚はどのようにして知識を生み出すのか
第9回 証言による知識と記憶による知識:証言はどのように知識を伝達するのか、記憶はどのように知識を維持するのか
第10回 アプリオリな知識と推論:アプリオリな知識とはどのようなものか
第11回 帰納の問題:帰納的推論は結論を正当なものとするか
第12回 他者の心についての懐疑論:他者の心について知ることができるのか
第13回 徹底的懐疑論:そもそも何かを知ることはできるのか
第14回 科学的知識:科学と疑似科学はどのように異なるのか
第15回 真理と客観性:真理は客観的なものか、相対的なものか

小レポート課題を2回実施します。

事前に教科書の指定箇所を読んだ上で授業に参加してください。小レポート作成の際には、別途配布するレポートの書き方ガイドに従うこと。 
教科書・参考書等 Pritchard, Duncan. (2018) What Is This Thing Called Knowledge?, 4th Edition. Routledge. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 授業は主に英語で行います。教科書以外にハンドアウトをオンラインで配布します。受講前には教科書の指定箇所を読んだ上で、ハンドアウトをダウンロードしたり、印刷しておいてください。授業内課題の提出はMicrsoft Formsを使って行います。教室にパソコンを持参するなどして、提出できるようにしてください。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
まず自分で教科書を読んでみてください。わからない箇所がある場合は、授業中にいつでも質問してください。テキストには理解を確認したり、さらに考えるための練習問題が付いています。復習の際はこの練習問題を自分で解いてみてください。練習問題についても次回の授業中に質問してかまいません。

また、授業中に関連する図書やビデオなどを紹介します。これらも是非予習、復習に活用してください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回授業中に簡単な授業内課題を課し、その回答を提出することで出席点を付けます(7回×7%=49%)。また、小レポート課題2回(26%と25%)を課します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 授業内の質問を歓迎します。どんなことでもよいので、積極的に質問してください。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ