広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 53013001 科目区分 領域科目
授業科目名 生物学からみたストレス[旧パッケージ]
授業科目名
(フリガナ)
セイブツガクカラミタストレス
英文授業科目名 Stress in the biological context
担当教員名 浮穴 和義
担当教員名
(フリガナ)
ウケナ カズヨシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月1-4:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
原則は対面講義で行う。ただし、新型コロナ感染症や自然災害による影響で非対面:オンラインもしくはオンデマンド型で行う場合もあり得る。
講義前の掲示板等の情報に注意すること。

講義形式(講義と筆記中心)
パワーポイントを使用する。
Bb9に講義資料を掲示する。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 03 : 基礎生物学
対象学生
授業のキーワード 人間、ストレス、生物、生命、適応、細胞 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
ストレスを生物学的視点から理解する。
【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
学習の成果 
授業の目標・概要等 現代社会で大きな問題となっているストレスの正体を知るために、免疫・内分泌・病気・老化との関わりに着目し、ストレス応答の分子メカニズムを細胞生物学的に理解する。 
授業計画 第1回 ガイダンス:イントロダクション
第2回 ストレスの概念
第3回 人間社会のストレスと病気I
第4回 人間社会のストレスと病気II
第5回 ストレスとホルモンI
第6回 ストレスとホルモンII
第7回 ストレスと免疫I
第8回 ストレスと免疫II
第9回 ストレスとガン
第10回 ストレスと老化
第11回 細胞生物学の基礎
第12回 細胞のストレス応答I
第13回 細胞のストレス応答II
第14回 まとめ1:ストレス学から分かること
第15回 まとめ2:ストレス学から分かること
試験


毎回、講義中に課題を出す。受講生の理解度を見ながら、中間試験を行う場合がある。 
教科書・参考書等 参考書:ストレスの生物学(室伏きみ子著 オーム社)、からだの中からストレスを見る(日本比較内分泌学会編 学会出版センター) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 パワーポイントのファイルを液晶プロジェクターで投射する。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回の講義の内容を頭の中で理解し、受講生自らの言葉で説明づけられるようにすること。 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 授業時のミニ課題(30%程度、ただし1/3以上休むと単位を認めない)と期末試験(70%程度)により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ ストレスを心理学的ではなく、生物学的にそのメカニズムを概説する。 
その他 【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ