広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教養教育
講義コード 29103004 科目区分 外国語科目
授業科目名 ベーシック日本語III
授業科目名
(フリガナ)
ベーシツクニホンゴ3
英文授業科目名 Basic Japanese III
担当教員名 坂田 光美,小口 悠紀子
担当教員名
(フリガナ)
サカタ テルミ,コグチ ユキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-6,木5-6:教K109
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
授業に関する情報はmoodleで見ることができます。
↓のURLからmoodleにログインしてください。
https://moodle.vle.hiroshima-u.ac.jp/local/hulogin/index.php 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 01 : 日本語圏
対象学生 留学生
授業のキーワード 語彙 場面別表現 ことばのつながり 慣用表現
聞き取り 文化 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 1)身近な生活場面や日本文化・習慣などテーマに沿って、中級程度の多様な日本語表現に触れ、語彙力を高めるとともに、自然な日本語の運用力を伸ばす。
2)音声教材を用いて、一定の長さの説明文や解説文の聞き取り能力を養うとともに、総合的な日本語能力を高める。
 
授業計画 本授業は、聴解クラス(8回)と語彙クラス(8回)の計16回から構成され、それぞれを関連付けながら、授業を進行する。
【語彙】
第1回  オリエンテーション 
第2回  「食べること」比べる
第3回  「食べること」比べる
第4回  「食べること」経験を共有する(課題)
第5回  「食と旅」経験を共有する
第6回  「食と旅」創造的活動
第7回  「食と旅」創造的活動(課題)
第8回  フィードバック
【聴解】
第1回  オリエンテーション  /  ことばの意味、由来を聞き取る
第2回  図を参照しながら説明を聞き取る / 物の特徴や用途を聞き取る
第3回  エピソードの要点を聞き取る  /  物の仕組みを聞き取る
第4回  グラフを参照しながら変化を聞き取る  /  調査の結果と考え方を聞き取る
第5回  ことばの意味・分類を聞き取る /  会話から情報を聞き取る
第6回  物の順序を聞き取る  /  情報を整理しながら聞き取る
第7回  会話から情報を聞き取る  /  1~7回の復習
第8回  試験

【聴解】最終回に期末テストを実施
【語彙】授業内で課題を実施、期末テストは行わない 
教科書・参考書等 『身近なテーマから広げる!にほんご語彙力アップトレーニング』(アスク出版)
『新毎日の聞き取り50日 上』(凡人社)



 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 PC


 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
【聴解】
予習 :リストのことばの意味を調べる(辞書で確認)   
復習 :語彙の使い方、意味を確認し、シャドーイングをしてみる。各項目終了後、小テスト実施
【語彙】
宿題(予習・復習)の内容は授業内で指示する。宿題は日本語学習のモチベーションを挙げたり、授業内外の課題遂行に必要な語彙力を高めるためのものである。聴講生も取り組むこと。 
履修上の注意
受講条件等
・本学で実施するプレイスメントテストを受験し、その結果、レベル3(中級)と判定された、日本語以外を母語とする者のみ受講できる。
・週あたり2コマ受講すること。


 
成績評価の基準等 【聴解】授業内課題 40%    宿題  30%    試験  30%   
【語彙】授業内課題 60%  宿題20% 授業中のディスカッションでの貢献度 20%
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 【聴解】テキスト付属のCDにディクテーションやウェブサイトにことばリストの音声があるので、有効に活用してください。
スマホなどに音声を取り込み、繰り返し聞くようにしてください。
【語彙】
本授業は、学習した語彙を日常会話の中で使えるようになるためのクラスです。授業には、ディスカッション活動を多く含みます。グループワークが多いので、ターム期間を通して授業に参加する意志がある方、ディスカッションに積極的に参加する意志がある方の参加をお待ちしています。 
その他 状況に応じて、授業内容を変更することがあります。


 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ