広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7013001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生物薬剤学
授業科目名
(フリガナ)
セイブツヤクザイガク
英文授業科目名 Biopharmaceutics
担当教員名 高野 幹久,湯元 良子
担当教員名
(フリガナ)
タカノ ミキヒサ,ユモト リョウコ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金1-4:第2講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、スライド、板書 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 03 : 薬学
対象学生 薬学部2年生
授業のキーワード 吸収、分布、代謝、排泄 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第3ステップ:医薬品の体内動態
薬学教育モデル・コアカリキュラム:
C 薬学基礎 C6  生命現象の基礎 (1)細胞の構造と機能 【①細胞膜】
E 医療薬学 E4 薬の生体内運命 (1)薬物の体内動態 【①生体膜透過】【②吸収】【③分布】【⑤排泄】 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・薬効や副作用を定量的に理解するための薬物動態の理論的解析に関する知識と理解●資質⑥
(能力・技能)
・薬物の有害作用(副作用)軽減のための対処法を思考する能力・技能●資質⑤

薬科学プログラム
(知識・理解)
・医薬品を含む化学物質と人体の相互作用に関する知識
(能力・技能)
・医薬品を含む化学物質と人体の相互作用に関する知識の展開(応用) 
授業の目標・概要等 薬物動態の素過程と決定因子の理解 
授業計画 第1回 生物薬剤学概論
第2回 薬物の膜透過1
第3回 薬物の膜透過2
第4回 薬物の膜透過3
第5回 消化管吸収1
第6回 消化管吸収2
第7回 消化管吸収3
第8回 消化管吸収4
第9回 消化管吸収5
第10回 分布1
第11回 分布2
第12回 分布3
第13回 代謝1
第14回 排泄1
第15回 排泄2

演習(レポート)、定期試験 
教科書・参考書等 南江堂 生物薬剤学(林・谷川原編集) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 スライド,配付資料,教科書,板書 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
判らないところは早めに質問に来ること 
履修上の注意
受講条件等
演習を行うため電卓持参のこと 
成績評価の基準等 演習(レポート)(5点)、定期試験(95点)の100点満点で総合評価し、60点以上を合格とする。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講義:主に日本語、一部英語
講義資料:日本語と英語を併記 
その他 この講義では、下記のSBOs の内容を修得できる。
【C6-(1)-①-1~2, E4-(1)-①-1~2, E4-(1)-②-1~5, E4-(1)-③-1~6, E4-(1)-④-1~5, E4-(1)-⑤-1~5】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ