広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L5015005 科目区分 専門教育科目
授業科目名 細胞工学
授業科目名
(フリガナ)
サイボウコウガク
英文授業科目名 Cell Technology
担当教員名 船戸 耕一,堀内 浩幸,藤川 愉吉
担当教員名
(フリガナ)
フナト コウイチ,ホリウチ ヒロユキ,フジカワ ユキチ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木1-4:生C206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 選択必修:分子農学生命科学専攻プログラム3年
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
分子農学生命科学プログラム
(知識・理解)
・生体分子・細胞・生物個体,個体群に関する知識・理解
 
授業の目標・概要等 細胞に人為的操作を加えて,その遺伝的あるいは生理的な機能を改変する技術を研究,開発する学問が細胞工学である。本講義では、微生物・動物・植物細胞の細胞工学の基礎とその応用について学習し、この分野の専門的な知識の習得を目指す。 
授業計画 第1回~5回 微生物細胞工学(船戸)
第1回 有用微生物の選択
Selection of useful microorganisms
・自然界から有用微生物の探索 
・突然変異の誘起による有用微生物の選択
第2回 微生物への遺伝子導入法と発現制御法
Gene transfer and expression control methods for microorganisms
・プラスミドベクターを用いた遺伝子導入法
・遺伝子発現を制御する方法
・相同組換えによるゲノムへの遺伝子導入法
・ゲノム編集と合成生物学
第3回 微生物を宿主とした異種タンパク質の生産技術
Technology for producing heterologous proteins using microorganisms
・異種糖タンパク質の糖鎖改変技術
・局在化シグナル配列の付加による高効率タンパク質生産技術
第4回 遺伝子組換えによる代謝物の微生物生産技術
Technology for producing metabolites by gene recombination in microorganisms
・細胞表層工学を用いた機能改変
・生産性向上のためのミニマムゲノム改変技術
・代謝工学による天然物の生物合成
・代謝工学によるヒト型脂質の生産技術
・代謝工学によるヘテロトロフからオートトロフへの変換
第5回 微生物細胞工学のまとめ(試験)
第6回~10回 動物細胞工学(堀内)
第6回 動物細胞の培養方法
Culture methods of animal cells
・動物細胞の培養方法(細胞の種類,培地,添加物,具体的な方法)
第7回 動物細胞の形質転換
Transformation of animal cells
・導入法方法の違い,ベクター構成など
第8回 細胞融合法
Cell fusion method
・モノクローナル抗体作出のための細胞融合法の原理
第9回 動物細胞でのゲノム編集技術
Genome editing for animal cells
・ゲノム編集ツールの詳細,動物細胞への適応
第10回 動物細胞工学のまとめ(試験)
第11回~15回 植物細胞工学(藤川)
第11回 植物の構造
Plant structure
・細胞、組織、機関
第12回 植物の仕組み
Plant physiology
・光合成、植物ホルモン、植物の環境
第13回 植物組織培養
Tissue and cell cultures
・マイクロプロパゲーション
第14回 植物の育種
Plant breeding
・遺伝子組換え植物の作出
第15回 植物細胞工学のまとめ(試験) 
教科書・参考書等 参考書:改訂「細胞工学」永井和夫、大森斎、町田千代子、金山直樹「著」講談社 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回~4回、第6回~9回、第11回~14回 授業後
授業内容の確認と復習 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 成績の85%は試験で評価し、15%は授業参加態度で評価する。ただし、授業全体の1/3以上を無断欠席の場合、成績評価できない。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ