広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L2013010 科目区分 専門教育科目
授業科目名 水圏統合科学演習I
授業科目名
(フリガナ)
スイケントウゴウカガクエンシュウI
英文授業科目名 Exercises in Integrative Hydrospheric ScienceI
担当教員名 坂井 陽一,近藤 裕介,大塚 攻,斉藤 英俊,加藤 亜記,冨山 毅,LIAO LAWRENCE MANZANO,河合 幸一郎
担当教員名
(フリガナ)
サカイ ヨウイチ,コンドウ ユウスケ,オオツカ ススム,サイトウ ヒデトシ,カトウ アキ,トミヤマ タケシ,リアオ ローレンス マンザーノ,カワイ コウイチロウ
開講キャンパス   開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金1-2:生C315
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心
対面を基本とする
課題や補習内容等はオンライン(オンデマンド)を活用する
状況に応じてオンライン(同時双方向)で実施する場合もある 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 学部3年生
授業のキーワード SDG_14、研究室、研究方法論、研究活動、実践作業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
水圏統合科学プログラム
(能力・技能)
・水圏生物に関わる英語の読解力,コミュニケーション力

(総合的な力)
・水圏生物の具体的諸事象について,自らの対象を設定し,それについての自分の考えをまとめ,文章や口頭で論理的に発表し,応答する能力
 
授業の目標・概要等 水圏統合科学プログラム教員の研究現場の見学および体験実習を通じて、水圏資源生物学、水族生態学、水圏植物学、水産実験所 竹原ステーションの最前線の研究視点と研究方法論を理解することを目標とする。 
授業計画 第1回(4月8日)担当:坂井教員「瀬戸内海やサンゴ礁の魚の繁殖・採餌活動や種間関係についての研究」の最前線を理解する(水圏資源生物学)
第2回(4月15日)担当:冨山教員「魚介類の生産と生態」の最前線を理解する(水圏資源生物学)
第3回(4月22日)担当:河合教員「水生動物のささやきに耳を傾け、人間生活に役立たせる研究」の最前線を理解する(水族生態学)
第4回(5月6日)担当:斉藤教員「干潟やカキ筏をすみかとする生き物の生態についての研究」の最前線を理解する(水族生態学)
第5回(5月13日)担当:Liao教員「熱帯・亜熱帯域における海藻類の系統分類と生物地理に関する研究」の最前線を理解する(水圏植物学)
第6回(5月20日)担当:加藤教員「海藻類、とくに磯焼け・サンゴ礁形成に関連する石灰藻類の系統分類および生理生態に関する研究」の最前線を理解する(水産実験所 竹原ステーション)
第7回(5月27日)担当:大塚教員「プランクトンと寄生虫の分類、生態、進化を通して生物多様性を探る研究」の最前線を理解する(水産実験所 竹原ステーション)
第8回(6月3日)担当:近藤教員「海洋無脊椎動物、特にクラゲ類の生態を通して生物種間関係を探る研究」の最前線を理解する(水産実験所 竹原ステーション)

各担当教員から適宜指示する 
教科書・参考書等 各担当教員から適宜資料を配布する 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
水圏資源生物(海産魚類、淡水魚類、水生昆虫、ベントス類、プランクトン類、クラゲ類、海藻類)の行動、生態、生理、分類、分布、進化に関する各教員の多様な研究方法論を理解・習得するためには、実習中にノートやメモをしっかりとることが重要です。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 積極的な取り組み態度(30%)、レポート(70%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ