広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K7316030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生物化学III
授業科目名
(フリガナ)
セイブツカガクIII
英文授業科目名 BiochemistryIII
担当教員名 北村 憲司
担当教員名
(フリガナ)
キタムラ ケンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-6,木1-2:工115
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
対面講義中心の予定だが、状況によりオンラインを利用(事前に連絡する) 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 02 : 生物工学
対象学生 第三類 2020年度入学生および過年度生
授業のキーワード 生化学、生合成、生体高分子、炭素同化、窒素固定、アミノ酸、脂質、糖 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第三類専門科目の中で専門細目分野「基礎生物科学」に属し、応用生物科学を学習する上で必要な知識を習得する。具体的には、生体分子の化学的実体、生合成系に関する基礎知識と基本原理を理解することができる。
・この授業の前提となる科目:生物化学I
・合わせて履修することが望ましい科目:生物化学II、生物有機化学、酵素化学、分子生物学I 
到達度評価
の評価項目
生物工学プログラム
(知識・理解)
・生物工学及び生命科学の基礎および応用知識の修得(到達目標C・講義科目) 
授業の目標・概要等 生物が行う生体物質の生合成反応(炭素同化、窒素固定、アミノ酸合成、脂質合成、核酸合成、糖新生の経路)および制御ネットワークの基本について理解させるとともに、生物の生合成系の活用について解説する。

なお,「知識・理解」,「能力・技能」の評価項目は,下記のとおり。
1.基本的な生体分子の生合成経路の理解
2.微生物の生合成系の活用技術の理解
について評価する。 
授業計画 第1回 糖新生系の代謝経路
第2回 脂肪酸の分解と合成の生化学反応
第3回 ペントースリン酸経路
第4回 光合成による炭素同化1(カルビン回路)
第5回 光合成による炭素同化2(光呼吸、C4回路)
第6回 光合成における光エネルギー変換(光電子伝達、光リン酸化)
第7回 光合成細菌
第8回 前半のまとめと理解確認
第9回 窒素固定と同化の経路
第10回 アミノ酸の生合成反応経路1
第11回 アミノ酸の生合成反応経路2
第12回 一炭素代謝、アミノ酸合成系の人工利用
第13回 ヌクレオチド生合成反応経路1
第14回 ヌクレオチド生合成反応経路2
第15回 ヌクレオチド分解経路、ヌクレオチド代謝経路の人工利用

試験を実施予定。詳細は通知する。

物質名や反応の丸暗記ではなく、代謝経路マップに頻繁に接して、生体物質合成の大きな流れ・生合成系のパターン、生体(細胞)内での代謝経路の相互関連の把握につとめてほしい。 
教科書・参考書等 講義形式:講義中心
教科書:ヴォート生化学第4版(下巻)
参考書:ヴォート生化学第4版(上巻) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 教科書、その他の参考資料をパワーポイント等で講義する。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
本講義で扱う生体分子とその反応経路は多岐にわたるため、理解するためには、特に教科書の下記の図を予習復習することが大切です。
第1回 図23・8, 11, 26・11
第2回 図25・29, 32
第3回 図23・26
第4回 図24・31
第5回 図24・40, 41
第6-7回 図24・13, 17, 18
第9回 図26・69, 70
第10回 図26・54, 57, 58, 59
第11回 図26・60, 61, 62, 63, 65
第12回 図26・49
第13回 図28・2, 4, 5
第14回 図28・7, 10, 11
第15回 図28・23, 30 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 試験の結果により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ