広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K7314030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 微生物学I
授業科目名
(フリガナ)
ビセイブツガクI
英文授業科目名 MicrobiologyI
担当教員名 青井 議輝
担当教員名
(フリガナ)
アオイ ヨシテル
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火1-2,金1-2:工115
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心。テーマを決めて調査および発表。講義部分の多くは対面で実施する予定だが、新型コロナウイルスの感染状況によってはオンライン中心に切り替える。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 02 : 生物工学
対象学生 工学部三類 発酵工学課程 二年次生および過年度生
授業のキーワード 微生物の進化と系統/細菌/原核生物/古細菌/微生物代謝の多様性 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
研究者・技術者として必要となる工学基礎学力を身につけた上で,医薬・食品・環境関連分野を中心とする生物工学関連領域及び化学・プロセス系との学際領域に関する基礎知識・技術が確実に修得できる。
(C-3) 応用生物科学:分子生物学,生物資源利用学,発酵工学プログラミングなどの応用生物科学の知識と実践手法の修得及びそれらを問題解決に利用できる能力の養成。 
到達度評価
の評価項目
生物工学プログラム
(知識・理解)
・生物工学及び生命科学の基礎および応用知識の修得(到達目標C・講義科目) 
授業の目標・概要等 バイオテクノロジーの主役となる微生物には驚くほどの多様性がある。その多様性を生む進化の仕組みと系統学を学び、最新の分子分類学に基づく微生物体系を理解する。さらに、代表的な微生物の特徴と能力を学び、自然界における微生物の多様な役割を理解する。また自らテーマを決めて調査およびプレゼンテーションを通じて、主体的に微生物学を学びつつ、その学問的・社会的な意義について理解する。 
授業計画 第1回 講義について概要の説明、微生物学の導入、自由調査課題のテーマ紹介
第2回 微生物細胞の構造と機能、課題についての説明とテーマ決め
第3回 地球の進化と原始生命体、生物進化
第4回 リボゾームRNA、微生物分類学と分子系統分類学
第5回 原核生物の多様性1:プロテオバクテリア
第6回 原核生物の多様性2:グラム陽性細菌とその他の微生物
第7回 原核生物の多様性3:古細菌の多様性と機能
第8回 代謝・機能の多様性1:概要、光合成
第9回 代謝・機能の多様性2:化学独立栄養細菌
第10回 代謝・機能の多様性3:嫌気呼吸・物質循環
第11回 期末試験
第12回 最先端研究動向紹介
第13回 最終プレゼンテーション
第14回 最終プレゼンテーション
第15回 最終プレゼンテーション

第11回目に期末試験を行います。代わりに16回に講義のまとめとプレゼンおよび試験の講評を行います。講義と同時並行で進める課題については、企画書の作成、最終発表を全員行います。講義ごとの質問、自由調査課題の企画書、最終発表資料の提出は必須です。試験の日程や講義の順番は受講者の希望や講義の進行状況、さらに新型コロナウイルス感染症の対応レベルの変化によって変更します。

最終発表では、受講生全員で発表内容について相互評価を行い、個人の成績にもそれを反映する。 
教科書・参考書等 Brock微生物学(Brock Biology of Microorganisms) オーム社 (ISBN978-4-274-02488-7)
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料(プリント)、BB9、ストリーム 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
教科書 Brock微生物学(Brock Biology of Microorganisms) オーム社
第1章  : 微生物の歴史(第1回)
第2章  : 微生物の細胞構造と機能(第1回)
第12章:微生物の進化と系統学(第3回)
第13章:原核生物の多様性:細菌(第4回ー6回)
第14章:原核生物の多様性:古細菌(第7回)
第15章:代謝・機能の多様性(第8回−11回) 
履修上の注意
受講条件等
できるかぎり指定の教科書を購入してください 
成績評価の基準等 期末試験60%、自由調査課題(レポートおよびプレゼン)30%、講義中の課題・相互評価書など10%を合わせて総合評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 【講義】
講義については、毎回または数回の授業ごとに授業内容や微生物学に関する質問を必ず提出してもらいます(別の講義日にそれぞれの質問に回答します)。

【自由調査課題】
自由調査課題ではグループとしての共通のテーマの中で、1人ずつ独立した異なるテーマを自ら考えて取り組みます。その際、企画書(レポート)の提出、修正、発表スライドの提出、全員3-5分程度のスライドを用いた発表を行います。企画書や最終発表の資料の作成は講義期間全体を使って行います。

新型コロナウイルス感染症の影響で、講義期間中に対面での実施が著しく制限された場合は、実施スタイルや講義スケジュールを大幅に変更する可能性があります。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ