広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K7020030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 基礎有機化学I
授業科目名
(フリガナ)
キソユウキカガク1
英文授業科目名 Basic Organic Chemistry I
担当教員名 中山 祐正
担当教員名
(フリガナ)
ナカヤマ ユウショウ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水3-4,木9-10:工116
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心,パワーポイント、広大moodle or Bb9 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 07 : 化学
対象学生 第三類令和4年度入学生および過年度生(約130名)
授業のキーワード 有機化学、原子、分子、化学結合、構造、反応、物性 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
この科目は第三類の学生を対象とした専門基礎科目であり、基礎的な内容を学習し,専門的な技術に関する知識や理解を習得できることを目的としている。応用化学プログラムにおいて,到達目標「(Ka)確実な基礎知識を身につけている」に対応している。化学工学プログラムでは「(C) 化学および化学工学の基礎の確実な習得と応用力を身につけている」に対応している。生物工学プログラムでは「(C) 生物工学および生命科学の基礎知識を習得し応用技術に広く展開できる」に対応している。教育プログラムに関しては関連URL1(応用化学),URL2(化学工学)URL3(生物工学)を参照されたい。
URL1: https://www.hiroshima-u.ac.jp/prog/ouyoukagaku_30
URL2: https://www.hiroshima-u.ac.jp/prog/kagakukougaku_30
URL3: https://www.hiroshima-u.ac.jp/prog/seibutsu_30
・この授業と合わせて履修することが望ましい科目:基礎有機化学2
 
到達度評価
の評価項目
応用化学プログラム
(知識・理解)
・教養教育と専門教育における幅広い基礎知識および化学に関する専門基礎知識
・応用化学に関する高度な専門知識
・基礎および専門知識に裏付けられた論理的思考に基づく構想力

化学工学プログラム
(能力・技能)
・化学および化学工学の基礎の確実な習得と応用力の養成(C1)工学基礎

生物工学プログラム
(知識・理解)
・生物工学及び生命科学の基礎および応用知識の修得(到達目標C・講義科目) 
授業の目標・概要等 現代の自然科学や科学技術を支える重要な基礎の一つである有機化学について概説し、基礎的概念、知識を修得させる。
主な学習内容の概要は以下のとおりである。
(1) 結合と構造異性
(2) アルカンとシクロアルカン
(3) アルケンとアルキン
(4) 芳香族化合物
(5) 立体異性
(6) 有機ハロゲン化合物
 
授業計画 第1回 有機化学の歴史、有機化合物の特性、人類の生活との深い関連について概説する。
第2回 有機化合物を形成する化学結合と構造の特徴、異性現象について述べる。
第3回 化学結合の軌道論的考え方について解説する。
第4回 飽和炭化水素の構造と異性、命名法、物理的性質、反応性について述べる。
第5回 飽和炭化水素の物理的性質、反応性を論じる。
第6回 不飽和炭化水素の構造と異性、命名法、物理的性質について述べる。
第7回 アルケンの付加を中心とする反応性について解説する。
第8回 アルキンの付加を中心とする反応性について解説する。
第9回 芳香族化合物における結合と構造の特徴、芳香族性を教授する。
第10回 芳香族化合物の置換反応を例示し、その反応性と配向性について述べる。
第11回 有機化合物の立体異性と光学活性に関して解説する。
第12回 分子構造と対称性、立体配置の表示法について教授する。
第13回 有機ハロゲン化合物の反応を例示し、求核置換反応の機構について論じる。
第14回 有機ハロゲン化合物の脱離反応の機構について解説し、その応用について述べる。
第15回 期末試験を実施し、試験終了後に問題を解説する。

期末試験に加え、小テストを行う。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;板書使用;教科書使用)
教科書:ハート著、秋葉・奥訳「基礎有機化学」三訂版、培風館
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 教科書,映像(PC),Bb9,Microsoft Teams 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
おおむね以下のような予定で進行するので、テキストを予習してください。
第1回 テキスト第0章
第2~3回 テキスト第1章
第4~5回 テキスト第2章
第6~8回 テキスト第3章
第9~10回 テキスト第4章
第11~12回 テキスト第5章
第13~14回 テキスト第6章
復習としてテキスト中の問題に取り組んでください。 
履修上の注意
受講条件等
小テストをオンラインで実施するので、PCを持参すること。 
成績評価の基準等 期末試験(80%)の成績に、小テスト(20%)を加味して判定する。100点満点で評価し60点以上を合格とする。
授業目標の各項目の成績評価における重みはほぼ均等である。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ オフィスアワー:各講義後
メールでの質問も受け付けます。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ