広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K6139020 科目区分 専門教育科目
授業科目名 電気磁気学演習I
授業科目名
(フリガナ)
デンキジキガクエンシュウイチ
英文授業科目名 Exercise of Electromagnetism I
担当教員名 花房 宏明
担当教員名
(フリガナ)
ハナフサ ヒロアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火1-2,水3-4:工102
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心
今年度は対面を基本とします。第1回目は対面で実施する予定です。
状況に応じて学生を2つのグループに分け,半数は対面,半数はオンラインによる授業を隔週で受講する形のハイブリッド授業となる可能性もあります。 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 12 : 電子工学
対象学生 工学部第二類 二年生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
電気システム情報プログラム
(能力・技能)
・電気,システム,情報分野の基礎となる概念,知識および手法
・電気,システム,情報分野の基礎概念,知識および手法を具体的・専門的な問題に応用する能力

電子システムプログラム
(能力・技能)
・電子システム分野の基礎となる概念,知識および手法
・電子システム分野の基礎概念,知識および手法を具体的・専門的な問題に応用する能力 
授業の目標・概要等 電気磁気学Iに対する演習を行う。
重要事項の補足説明を交えながら電磁気学Iの講義内容を復習し、更に演習問題を解くことによって理解を深める。 
授業計画 第1回 イントロダクション、数学的基礎
第2回 クーロンの法則、重ね合せの原理
第3回 ガウスの法則(I)電界の求めかた
第4回 ガウスの法則(II)静電ポテンシャル
第5回 静電場と電位、小テスト①
第6回 電位の基準、電位差
第7回 静電エネルギー
第8回 導体と静電場
第9回 誘電体とコンデンサ
第10回 定常電流と直流回路、小テスト②
第11回 電流の周りの磁場(I)ローレンツ力、ビオサバールの法則
第12回 電流の周りの磁場(II)アンペールの法則、周回積分
第13回 電磁誘導、誘導起電力
第14回  磁気モーメント
第15回 インダクタンス、小テスト③

演習課題の提出とその取り組み状況、小テストの結果を成績に反映させます。

電気磁気学Iの進捗により内容が前後します。 
教科書・参考書等 電気磁気学Iのテキスト:物理学スーパーラーニングシリーズ「電磁気学」,佐川弘幸、本間道雄著,丸善出版. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 プリント配布、プロジェクター、板書 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
電気磁気学Iの講義の内容に関し、実際に問題を解いて理解を進めます。
分からないことは講義の後直接、また、メールやTeamsなどで受け付けます。
分からないことをそのままにしないでください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 演習での取り組みによる総合評価
理解度チェックシートの提出(70%)・小テスト(30%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ