広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K5110010 科目区分 専門教育科目
授業科目名 機械加工学
授業科目名
(フリガナ)
キカイカコウガク
英文授業科目名 Machining
担当教員名 田中 隆太郎
担当教員名
(フリガナ)
タナカ リュウタロウ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木5-8:工111
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 09 : 機械工学
対象学生 工学部3年次生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
機械システムプログラム
(能力・技能)
・機械システム工学の基礎の確実な習得と応用力の養成

材料加工プログラム
(能力・技能)
・機械システム工学および材料創生・加工の基礎の確実な習得と応用力の養成

エネルギー変換プログラム
(能力・技能)
・機械システム工学の基礎の確実な習得と応用力の養成 
授業の目標・概要等 機械加工として位置づけられている切削加工法,研削加工法および砥粒加工法の加工原理,加工機構および基礎事項について修得する.
1)機械加工の位置づけ,分類,加工原則など基本的事項を理解する(B-2)
2)機械加工における機構や切削抵抗,切削温度,仕上げ面あらさなどの基本的事項を理解する(B-2)
3)研削加工における機構や研削抵抗,研削温度,仕上げ面あらさなどの基本的事項を理解する(B-2)
4)砥粒加工における特徴やメカニズムなど基本的事項を理解する(B-2) 
授業計画 第1回 ガイダンス(講義日程,評価方法など)
機械加工の概説(位置づけ,分類,強制切込加工と圧力切込加工,母性原理と浮動原理)
第2回 切削機構(切りくず形態)
第3回 切削機構(切りくず生成理論とせん断角)
第4回 加工条件と切削抵抗の定性的関係,比切削抵抗と寸法効果
第5回 切削温度の解析および測定法
第6回 切削仕上面,工具材種概論
第7回 工具材料各論
第8回 工具損傷
第9回 被削性とその評価方法,工具寿命線図,特殊切削
第10回 研削加工の分類,研削砥石
第11回 研削砥石による切りくず形状,研削抵抗,研削温度
第12回 研削加工面の特性
第13回 研削砥石の寿命,研削液
第14回 固定砥粒による加工
第15回 半固定砥粒による加工

期末試験 全講義内容を出題範囲とする.電卓を持参すること. 
教科書・参考書等 教科書「機械加工学」中島利勝,鳴瀧則彦 コロナ社
参考図書「新編JIS機械製図」堀幸夫ほか 森北出版
参考図書「JISにもとづく機械設計製図便覧」大西清 理工学社 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 教科書の第1章を中心に予習・復習すること.
第2回 第3回 教科書の2.1-2.2を予習・復習すること.
第4回 教科書の2.3を予習・復習すること.
第5回 教科書の2.4を予習・復習すること.
第6回 教科書の2.5を予習・復習すること.
第7回,第8回 教科書の2.6を予習・復習すること.
第9回 教科書の2.7を予習・復習すること.
第10回 教科書の3.1-3.3を予習・復習すること.
第11回 教科書の3.4-3.6を予習・復習すること.
第12回 教科書の3.7を予習・復習すること.
第13回,教科書の3.8-3.9を予習・復習すること.
第14回 教科書の4.1-4.2を予習・復習すること.
第15回 教科書の4.3-4.4を予習・復習すること. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 「授業の目標」の4項目の達成度は筆記試験により評価する.評価成績は授業目標の達成度で評価し,60%以上を合格とする.配分は授業時に実施する小テスト,レポート,期末試験を総合的に評価します. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ