広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 工学部
講義コード K0286040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 空間の創造
授業科目名
(フリガナ)
クウカンノソウゾウ
英文授業科目名 Creation of Architectural Space
担当教員名 大久保 孝昭
担当教員名
(フリガナ)
オオクボ タカアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火1-2,金1-2:工111
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 14 : 建築学
対象学生 第四類(建設・環境系) 1年生以上
授業のキーワード 空間創造,都市計画,建築計画,建築材料,建築構造,建築環境,建築史・意匠 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
社会基盤環境工学プログラム
(知識・理解)
・教養・視野の広さ
(総合的な力)
・課題発見力

建築プログラム
(知識・理解)
・工学的基礎知識の習得
(・数学,物理学,情報技術の基礎的内容を説明することができる。
・数学,物理学,情報技術の基礎的内容を建築に応用することができる。)
に関する理解 
授業の目標・概要等 建築空間を形成するために必要とされる以下の5つの分野について講義を行い,建築に関する基礎知識を習得させる.
1.都市・建築の計画の基本(Eイ)
2.建築材料と建築施工(Eハ)
3.空間創造のための構造の基本(Eハ)
4.建築環境・設備工学の基礎(Eロ)
5.意匠空間創造の基本(Eイ) 
授業計画 第1回 ガイダンス:建築のさまざまな分野
第2回 建築の力学と構造のかたち:建築に作用する力と変形,様々な架構形式,構造デザイン(中村)
第3回 建築の構法と工法:さまざまな建築構法と建築工法の分類整理(大久保)
第4回 建築の材料:構造材料,防火材料,非構造材料,仕上げ材料,防水材料など(大久保)
第5回 鉄骨構造:鉄骨建築物の耐震・制振・補強(田川)
第6回 木質構造(森)
第7回 鉄筋コンクリート構造:鉄筋コンクリート建築物の特徴と耐震性能(寺本)
第8回 地震防災:最近の地震による建物被害,地震による地盤の揺れ,緊急地震速報,家具類の地震時挙動(三浦)
第9回 建築設備:建築環境と設備(金田一)
第10回 建築生産:計画の意味と建築生産(角倉)
第11回 建築設計(中薗)
第12回 建築と地球環境(田中)
第13回 都市の計画と環境:昔の都市と今の都市,都市計画とは?,都市の環境デザイン(田中)
第14回 気候風土と建築:自然エネルギーを活用した建築,省エネルギー建築(西名)
第15回 室内環境制御の目標:快適な室内環境とは? 人間の心理生理と建築(西名)

担当者ごとにレポートまたは小テストを行う。

講義の順番は変更になることがある 
教科書・参考書等 必要に応じて資料を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回:建築学の学問分野を概観する。第2回,第3回,第4回,第5回,第6回:身近な建築物の構造や材料について関心を持って観察する。第7回,第8回:耐震,防災について興味を持って考える。第9回,第10回,第11回:建築のデザインや設備,計画,生産について関心を持って考える。第12回,第13回,第14回,第15回:建築や都市の環境について考える。講義内容について理解を確認するために,講義ごとにレポートの提出を求める。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 講義担当者が小テストまたはレポートにより100点満点で評価したものを、担当者間で平均し、60点以上を合格とする。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 本科目は、工学部第四類(建設・環境系)建築プログラムの専門基礎科目である。授業の目標等および授業の内容・計画等の欄に示した学習・教育目標の詳細については、学生便覧を参照されたい。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ