広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔工学専攻
講義コード J1705170 科目区分 専門教育科目
授業科目名 有床義歯保健工学実習(アナプラストロジーII)
授業科目名
(フリガナ)
ユウショウギシホケンコウガクジッシュウ(アナプラストロジーII)
英文授業科目名 Practice of Removable Denture and Health (Anaplastology II)
担当教員名 田地 豪,森下 裕司,永見 美鈴,峯 裕一
担当教員名
(フリガナ)
タヂ ツヨシ,モリシタ ユウジ,ナガミ ミスズ,ミネ ユウイチ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月5-10:歯第3実習室,歯第4実習室
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 口腔工学専攻3年生
授業のキーワード 顎顔面補綴,エピテーゼ,プロテーゼ 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
アナプラストロジスト養成カリキュラム 
到達度評価
の評価項目
口腔工学プログラム
(能力・技能)
・チーム歯科医療として,歯科技工士専門分野(歯科技工)を実践するために必要な能力・技能および態度 
授業の目標・概要等 実際のボディ,顎顔面のエピテーゼ製作過程を体験・実践する。
模型実習を主体として,基礎的技術の理解および習得を目指す。
 
授業計画 第1回 顎顔面補綴3 眼窩部ワックスアップ・調色デモ・埋没(森下・田地)
第2回 埋没(永見・田地)
第3回 顎顔面補綴4 シリコーン調色・填入(森下・田地)
第4回 流鑞,特殊シリコンの準備,填入(永見・田地)
第5回 顎顔面補綴5 割り出し・調整・外部着色・完成(森下・田地)
第6回 割り出し,形態修正,完成(永見・田地)
第7回 まとめ(田地・峯)
第8回 まとめ(田地・峯)

試験は行いません。実習での製作物と実習態度を評価します。 
教科書・参考書等 実習書(配付資料) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料,映像資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各実習前に実習書を熟読しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
この実習では特段の理由のない限り毎回出席すること。また欠席した場合の補習は原則として行わない。 
成績評価の基準等 成績は,授業への取り組み,実習での製作物を総合して評価する。(提出物 (80%)および実習態度(20%)にて成績を判定) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ