広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1506150 科目区分 専門教育科目
授業科目名 義歯補綴学I
授業科目名
(フリガナ)
ギシホテツガク I
英文授業科目名 Removable Prosthodontics I
担当教員名 津賀 一弘,沖 佳史,保田 啓介,竹内 真帆,横井 美有希,岡田 信輔,吉川 峰加,久保 隆靖,土井 一矢,阿部 泰彦,森田 晃司,大上 博史,牧原 勇介
担当教員名
(フリガナ)
ツガ カズヒロ,オキ ヨシフミ,ヤスダ ケイスケ,タケウチ マホ,ヨコイ ミユキ,オカダ シンスケ,ヨシカワ ミネカ,クボ タカヤス,ドイ カズヤ,アベ ヤスヒコ,モリタ コウジ,オオウエ ヒロシ,マキハラ ユウスケ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水1-4:歯第7講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 第3学年
授業のキーワード 口腔の加齢変化、歯列の部分欠損、無歯顎、全部床義歯、部分床義歯,実務経験,SDG_03 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・基礎及び臨床歯科医学に関する知識
・生命科学に関する知識
(総合的な力)
・豊かな人間性,専門職の歯科医師としての責務の理解,これを実践するための基礎的知識,技能,態度を含む総合力 
授業の目標・概要等 歯の欠損、さらに顎顔面の欠損に伴って生じる形態的ならびに機能的変化について理解し、これらの欠損に対する補綴学の理論を学ぶ。ここでは、授業形態をとる講義を基本とするが、症例を通じての問題解決型学習も行う。 
授業計画 第1回  総論1  無歯顎者の病態(津賀一弘)
第2回  総論2  総義歯治療の術式(吉川峰加)
第3回  印象採得(津賀一弘)
第4回  咬合採得(吉川峰加)
第5回   咬合器(岡田信輔)
第6回   人工歯排列(大上博史)
第7回   ろう義歯試適(大上博史)
第8回  装着(森田晃司)
第9回  術後管理(牧原勇介)
第10回  トラブルとその原因(牧原勇介)
第11回   粘膜調整材と義歯安定剤(大上博史)
第12回   即時義歯、オーバーデンチャー(久保隆靖)
第13回   義歯補綴治療とQOL(横井未有希)
第14回   デジタル義歯(岡田信輔)
第15回   部分無歯顎者の病態(土井一矢)
第16回   試験1(吉川峰加)


各講義における小テストならびに期末試験 
教科書・参考書等 「コンプリートデンチャーテクニック」細井紀雄他編(医歯薬出版)
「無歯顎補綴治療学」細井紀雄他 編著(医歯薬出版)
「歯学生のパーシャルデンチャー」三谷春保他編(医歯薬出版)
「Mc Cracken's REMOVABLE PARTIAL PROSTHODONTICS」Alan B. Carr他著(ELSEVIER MOSBY)
「Prosthodontic Treatment for Edentulous Patients: Complete Dentures and Implant-Supported Prostheses」
George A. Zarb他著( MOSBY)
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回の講義においてはテキストの該当する項目や関連する分野の予習をすること 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各講義における小テストと取組態度に加えて,期末試験の結果により評価する。割合については未定である。基本的にすべての講義へ出席すること. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 正当な理由のない遅刻、欠席、途中退席を禁ずる。 
その他 補綴歯科治療に精通する教員が,有床義歯に関する基本的知識を講義する 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ