広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1506080 科目区分 専門教育科目
授業科目名 歯内療法学
授業科目名
(フリガナ)
シナイリョウホウガク
英文授業科目名 Endodontics
担当教員名 柴 秀樹,石井 信之,興地 隆史,木ノ本 喜史,五十嵐 勝,西藤 法子,吉田 和真,中西 惇,古玉 大祐,土屋 志津,杉田 誠,小松澤 均,武田 克浩
担当教員名
(フリガナ)
シバ ヒデキ,イシイ ノブユキ,オキヂ タカシ,キノモト ヨシフミ,イガラシ マサル,サイトウ ノリコ,ヨシダ カズマ,ナカニシ ジュン,フルタマ ダイスケ,ツチヤ シヅ,スギタ マコト,コマツザワ ヒトシ,タケダ カツヒロ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (3T) 木1-2:歯第7講義室, (4T) 木1-2:歯第7講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
基本、対面の講義
状況によっては、Bb9を活用したオンライン(オンデマンド型)授業 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 第3学年
授業のキーワード SDG_03 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・基礎及び臨床歯科医学に関する知識
・生命科学に関する知識
(総合的な力)
・豊かな人間性,専門職の歯科医師としての責務の理解,これを実践するための基礎的知識,技能,態度を含む総合力 
授業の目標・概要等 歯髄疾患,根尖性歯周炎および歯周疾患の病態を理解し,診断・治療に必要な知識を得る. 
授業計画 10/6 第1回 歯内療法学概説(柴)
10/13 第2回 口腔診査と診断(柴) 
10/20 第3回 歯髄疾患(柴)
10/27 第4回 特別講義「歯内療法におけるエックス線診断と根管解剖」(木ノ本喜史先生)
11/1 第5回 根尖性歯周疾患(柴)
11/10 第6回 口腔内細菌のう蝕および歯内疾患との関連について(小松澤均教授)
11/17 第7回 無菌的処置と仮封、根管治療薬(柴)
11/24 第8回 根尖性歯周炎の免疫病理(武田)
12/1 第9回 歯髄・根尖性歯周疾患の治療(武田)
12/8 第10回 根管充填(柴)
12/15 第11回 特別講義「手術用顕微鏡とNi-Ti ロータリーファイルを使用した精密歯内療法」(五十嵐勝教授)
12/22 第12回 炎症性歯痛(杉田誠教授)
1/19 第13回 特別講義「外科的歯内療法」(石井信之教授)
1/26 第14回 歯の外傷(武田)
2/2 第15回 歯髄・根管処置における偶発症,根未完成歯の治療(興地隆史教授)

第4ターム 2/9の1コマ目に歯内療法学分野の試験を行う.

歯内療法学の授業は第3,4ターム中の木曜8:45-10:15(1コマ目)に実施する。


 
教科書・参考書等 Endodontic Practice(Grossman), Endodontic Therapy(Weine), Pathway of the Pulp(Cohen), 知っておきたい術式「歯内療法学」(第一歯科出版),エンドドンティクス 第5版(永末書店), 歯内治療学(医歯薬出版) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
推薦する教科書,参考書等は授業の最初に説明します.それらを活用して予習・復習してください. 
履修上の注意
受講条件等
授業内容はあくまで予定ですので,諸事情により変更する場合もあります.その場合は,変更が決まり次第連絡します. 
成績評価の基準等 原則として筆記試験から判断する. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 学期末に授業評価アンケートを実施します.回答に協力してください.
回答に対しては教員からコメントを入力し,改善につなげていきます.
なお,受講者が著しく少ない場合などに,アンケートを実施しない場合があります.
歯科医である教員が、歯髄疾患,根尖性歯周炎および歯周疾患の病態を理解し,診断・治療に必要な知識について指導する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ