広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1504100 科目区分 専門教育科目
授業科目名 免疫学
授業科目名
(フリガナ)
メンエキガク
英文授業科目名 Immunology
担当教員名 高橋 一郎,島岡 要,國澤 純,倉島 洋介,飛梅 圭
担当教員名
(フリガナ)
タカハシ イチロウ,シマオカ モトム,クニサワ ジュン,クラシマ ヨウスケ,トビウメ ケイ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木1-4:歯大講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
これまで免疫学の系統講義はスライドと配布資料を利用し、日本語と英語を併用して対面授業として実施してきました。本年度は新型コロナ感染症再拡大の懸念が払しょくできないため、オンデマンド動画配信と対面授業のハイブリッド形式で実施する予定です(令和4年3月現在)。 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 歯学科2年生
授業のキーワード 免疫学的自己、免疫学的認識、生体防御、ワクチン、自然免疫、獲得免疫、免疫応答、免疫制御、免疫記憶、免疫寛容、自己免疫 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
免疫学は生命科学、基礎医学(歯科基礎医学)、実験医学を代表する学術領域として、人体の生理・病理を理解するうえで極めて重要な学問であり、歯科診療、歯科医療の現場で遭遇する多彩な背景を有する患者さんの有症状態を正確に理解する上で必須の学芸といえる。 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・基礎及び臨床歯科医学に関する知識
・生命科学に関する知識
(総合的な力)
・豊かな人間性,専門職の歯科医師としての責務の理解,これを実践するための基礎的知識,技能,態度を含む総合力 
授業の目標・概要等 本科目では、免疫学の基礎を学び、さらに微生物感染症、アレルギー、自己免疫疾患などの疾病における免疫応答の意義について理解を深める。 
授業計画 12月1日 免疫学序論(高橋)
12月1日 免疫応答を構成する細胞・組織、自然免疫・獲得免疫における病原体認識 (高橋)
12月8日 免疫応答をつかさどる分子(補体)自然リンパ球 (高橋)
12月8日 免疫応答をつかさどる分子(サイトカイン)(高橋)
12月15日 抗原提示(高橋)
12月15日 胸腺、胸腺におけるT細胞分化(高橋)
12月22日 白血球の体内動態(島岡、高橋) 
1月19日 獲得免疫の誘導相(高橋)
1月19日 T細胞免疫応答(高橋)
1月26日 B細胞免疫応答 (高橋)
1月26日 粘膜における免疫応答 (高橋)
2月2日 予防接種、食と免疫(國澤、高橋)
2月9日 アレルギー、マスト細胞 (倉島、高橋)
2月9日 免疫寛容・自己免疫疾患 (飛梅)

講義内容にそった記述式の課題提出を実施する予定です。 
教科書・参考書等 標準免疫学 改訂第4版(医学書院)
Janeway's免疫生物学 原著第9版(南江堂)
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 Bb9による資料配布、動画配信 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
免疫学は暗記科目というよりむしろロジックを重視する学問ですので、授業で取り上げている免疫学の重要な概念については、指定教科書の通読などによる復習をおこなって理解を深めてください。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 今期はすべての受講生に不利益が生じないように、毎授業時に課したレポートの出来栄えで評価する予定です。動画配信日または対面授業日に講義内容にそった記述式問題を課しますので、期日までに必ず提出してください。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
大阪大学微生物病研究所、東京大学医科学研究所、ハーバード大学医学部などでの長年にわたる免疫学研究を経験した教員による本格的な免疫学講義 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ