広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I6992001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Global Health and Current Public Health Issues
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Global Health and Current Public Health Issues
担当教員名 RAHMAN MD MOSHIUR
担当教員名
(フリガナ)
ラフマン モハメド モシウル
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水5-6:保301
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
Seminar, Lecture and Discussion 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生
授業のキーワード Global health, nutrition, health promotion, disaster management 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解

理学療法学プログラム
(知識・理解)
・基礎医学に関する知識・理解,病因病態に関する知識・理解
・リハビリテーション医学・理学療法学に関する知識・理解

作業療法学プログラム
(知識・理解)
・保健・医療システムに関する知識・理解
・外国語によるコミュニケーション能力に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 This course is designed for undergraduate students to share the essential theoretical knowledge for recognizing the global health problems and present public health issues, including necessary preventive and control measures.
The overall objectives of the course for students are to:
1. Define the global health and explain the present public health problems, services and future needs.
2. Identify the Japan public health burden, including lifestyle related diseases and suitable interventions to overcome the situations.
3. Describe population heath importance and formulate the development approaches in community health services.
4. Develop communication skills and describe the health promotion approaches to improve global health status.
5. Continue and increase health related English communication skill.

Specific course objectives:
After the successful completion of the course, students will be able to:
1. Distinguish the global environmental and occupational health and state the safety approaches.
2. Detect the impact of globalization and compute the challenges of urban health care management.
3. Acknowledge the achievement of safe motherhood initiatives and evaluate the success of global goals.
4. Estimate the trend of neglected tropical diseases (NTDs) and consequences of public health nutrition.
5. Explain strategic communication and importance of early preparedness for disaster management. 
授業計画 lesson1
グローバルな健康問題と解決策
lesson2
主な医療の構成要素
lesson3
地球環境と労働衛生
lesson4
公衆衛生の問題とサービス
lesson5
グローバル化とアーバンヘルスケアの課題
lesson6
口腔疾患の原因と予防
lesson7
放置された熱帯病(NTDs)
lesson8
安全な母性/イニシアチブ
lesson9
世界の主要な感染症およびコントロール
lesson10
公衆衛生栄養
lesson11
日本の生活習慣病
lesson12
災害時における公衆衛生の役割
lesson13
健康増進への戦略的取り組み
lesson14
ヒトの健康と地域保健サービスの開発
lesson15
まとめ

A test will be held during the last lesson. 
教科書・参考書等 1) Muennig P. & Su C. (2013). Introducing Global Health: Practice, Policy, and Solutions.
2) Friis R. H. (2012). Essentials of Environmental Health (Essential Public Health).
3) Guidotti T. L. (March 23, 2011). Global Occupational Health.
4) Hurster M. M. (1997). Communicable and Non-Communicable Disease Basics: A Primer
5) Parvanta C., Nelson D. E., Parvanta S. A. & Harner R. N. (2011). Essentials of Public Health Communication.
6) Hoque N., McGehee M. A., Bradshaw B. S. (2013). Applied Demography and Public Health.
7) Session handouts are available during class time.  
8) Relevant journals. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
Will suggest in the 1st lecture 
履修上の注意
受講条件等
Basic English ability is accepted (no standard test scores are requested). 
成績評価の基準等 Attitude, class attendance, test performance, and classroom participation. 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
WHOと保健省で働く医師および公衆衛生の専門家としての実務経験を持つインストラクターが、グローバルな健康状況に基づいた講義を提供します。 
メッセージ It is recommended to understand the global health burden around the world. Students are encouraged to study more about public health issues and how to prevent and control diseases. 
その他 Course details will be announced during the 1st session. 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ