広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3188101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 国際健康看護論
授業科目名
(フリガナ)
コクサイケンコウカンゴロン
英文授業科目名 Global Health Nursing
担当教員名 加古 まゆみ
担当教員名
(フリガナ)
カコ マユミ
開講キャンパス 開設期 4年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火1-8:保301,保302
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
教材はすべてオンラインで提供していますので、事前にアクセス、予習して授業に臨まれることを希望します。授業では、PCを使用しますので持参ください。 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 4年次
授業のキーワード SDG_1,SDG_3,SDG_11,SDG_13 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
先進国や途上国が直面する保健・健康に関する課題を学び、国際協力としての医療と看護の実践を理解するとともに、人々の暮らしと健康を守るためには、看護はどのように貢献できるかを様々な角度から考察する。また、様々な種類の災害の発生機序サイクルを通して、看護活動の検討,災害時看護活動の基礎知識を学習する。災害の発生時のみならず、準備及び復興・リハビリテーション時対処活動を適切に行える看護実践基礎力を修得、国内または国際レベルでの防災政策の理解を深めることも、視野に入れる。  
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 1. グローバルヘルス、国際看護の定義を理解する。
2. 1 にかかわる国際機関の役割を理解する
3. プライマリーヘルスケアの定義、その実践意義を理解する
4. 災害の定義、発生機序、災害各期における看護活動を理解する。
5. 自然災害と人為的災害の特徴を理解し、それぞれの看護活動を理解する。
6. 放射能災害の特徴と対策を理解する。
7. 災害時における要援護者の健康問題とその看護介入を理解する。
8. 災害時における心身の反応を理解し、救援者自身のケアに関する理解を深める。。 
授業計画 第1回 グローバルヘルスのとらえかたと課題を知り、国際看護、健康とは何かを考える
第2回 グローバルレベルから、WHO、ICNなどの国際機関の役割を考える
第3回 プライマリーヘルスケアの意義を考慮し、日本での人々の健康動向に関し理解を、近年のNCDsの動向とともに深める
第4回 グローバルレベル、ローカルレベルでの感染症対策の取り組みを、最近の新興感染症の知識とともに学び、看護師としての役割を考える
第5回 様々な災害の発生機序とそのサイクルの理解、看護師の役割とは何か。災害、防災への取り組みの理解と看護からの貢献・協力を考える
第6回 大規模自然災害への取り組み、国や地方自治体の具体的な防災対策を学び,看護活動および学生自身の行動展開を考える
第7回 CBRNE災害、マスギャザリングに関する理解を深め、自己の行動とともに、看護実践を考える
第8回 グループプレゼンテーション

グループプレゼンテーション、エッセイ、オンライン授業への参加

COVID19の状況により、授業実施形態の変更の可能性があります。 
教科書・参考書等 *浦田 喜久子、小原 真理子 (2019)系統看護学講座 統合分野 看護の統合と実践、第4版 災害看護学・国際看護学
酒井明子、菊池志津子(2017)看護学テキストNiCE 災害看護改訂第2版 看護の専門知識を統合して実践につなげる
南裕子, 山本あい子(2012). 災害看護学習テキスト-実践編-(第1版第5刷). 日本看護協会出版会.
南裕子, 山本あい子(2007). 災害看護学習テキスト-概論編-(第1版第1刷). 日本看護協会出版会. 
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,映像(ビデオ/PC) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
教材, 配布資料はBb9にのせていますので、定期的にアクセスしてください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 1.エッセイー50%
2.オンライン授業への参加、サマリーー20%
3.グループワーク 30%
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
実務看護師として急性期病院や、地域での高齢者施設での勤務に加え、災害後の復興期における地域住民への健康支援活動を実施した。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ