広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3135001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 成人看護学概論
授業科目名
(フリガナ)
セイジンカンゴガクガイロン
英文授業科目名 Principles of Adult Nursing
担当教員名 森山 美知子
担当教員名
(フリガナ)
モリヤマ ミチコ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水1-4:保203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、患者の体験談を聞く、ネットや文献などを調べながら学習を深める、グループ発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 看護学専攻2年次生
授業のキーワード 成人看護、セルフケア、急性期看護、慢性期看護、リハビリテーション看護、End-of-life care,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 講義概要
ライフステージにおける成人期にある人々を対象とした看護の特徴と主要概念を、事例の学習を通して学び、成人期に罹患しやすい疾病構造等の特徴を踏まえ、疾病予防、疾病の増悪予防、回復促進に重点を置くとともに、エンド・オブ・ライフ期における看護倫理の観点からも看護の果たす役割を探求する。

達成目標
・拡大する看護ケアの提供の場や看護師の役割や機能の学習を通して、さまざまな健康状態にある人々に提供される看護ケアを創造する面白さを知る。
・セルフケアの獲得、再獲得に向けた援助について学ぶ。
・Illness Trajectoryのパターンを知り、より安楽な、幸せな亡くなり方(看取り)のために、どのような一次予防(疾病予防)、二次予防(早期発見)、三次予防(重症化予防・再発予防)を行っていったらよいのかを学ぶ。また、生き方を考える。そのための看護職の役割も学ぶ。
・患者の安全と提供されるケアの質を高めるために必要な、evidence-based clinical practice (EBCP)を学ぶ。また、包括的に患者/人をとらえる枠組み(アセスメントの枠組み)を学ぶ。
・患者教育(Patient Education)に必要な行動変容の理論と技術について学ぶ。 
授業計画 第1回(前半)オリエンテーション
テーマ:成人期の特徴の理解と成人期を通した健康支援と看護職の役割
第1回(後半)グループワーク:成人期の特徴について
テーマ:成人期の特徴の理解と成人期を通した健康支援と看護職の役割
第2回(前半)
テーマ:慢性疾患の理解と疾病管理
    ・糖尿病:疾病の理解、疾病管理、患者体験
第2回(後半)
テーマ:慢性疾患の理解と疾病管理
    ・グループワーク(事例の展開:疾病管理とセルフケア)
第3回(前半)
テーマ:行動変容と患者教育
    ・腎臓病:行動変容と自己効力感
第3回(後半)
テーマ:行動変容と患者教育
    ・グループワーク(行動変容のロールプレイ)
第4回(前半)
テーマ:難病と全身管理
    ・ALS等難病と患者体験、社会資源、意思決定支援・倫理
第4回(後半)
テーマ:難病と全身管理
    ・グループワーク(看護アセスメントと看護計画、ケア提供)
第5回(前半)
テーマ:健康危機状況・セルフケアの再獲得(1)
    ・セルフケアの再獲得、クリティカルケア/急性期ケア
第5回(後半)
テーマ:健康危機状況・セルフケアの再獲得(1)
    ・グループワーク(さまざまな急性期の事例展開)
第6回(前半)
テーマ:健康危機状況・セルフケアの再獲得(2)
    ・グループワーク発表(急性期の事例展開)
第6回(後半)
テーマ:健康危機状況・セルフケアの再獲得(2)
    ・グループワーク発表(急性期の事例展開)
第7回(前半)
テーマ:リハビリテーション看護・エンパワメント
    ・脊髄損傷
第7回(後半)
テーマ:リハビリテーション看護・エンパワメント
    ・脳卒中
第8回
・課題について展開する(記述)

最後に筆記試験(オンライン)を実施します。 
教科書・参考書等 メディカ出版 ナーシング・グラフィカ
 成人看護学②健康危機状況/セルフケアの再構築
 成人看護学③セルフマネジメント
 成人看護学⑤リハビリテーション看護 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 患者さんの体験談 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業概要参照 
履修上の注意
受講条件等
看護実践学原論を修了している者 
成績評価の基準等 筆記試験(webと記述試験):60% 受験しなかった場合は単位を認めません。60点未満/100点の場合は不可
EASEプログラムの実施とテスト結果:10%
アクションプランの立案:10%
事前・事後課題:20% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
国内外での病院での臨床経験、厚生労働省での勤務、研究をベースとした地域での活動など、幅広い臨床経験を持つ教員が、看護ケアの重要性や優位性についてレクチャーし、学生が幅広い視野で看護活動を学べるようにする。 
メッセージ  
その他 毎回出席をとります。出席を重視、遅刻は原則認めません。出席が11回を下回ったら不可となります。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ