広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 理学部
講義コード HX334600 科目区分 専門教育科目
授業科目名 物理学特別講義(星間物理学)
授業科目名
(フリガナ)
ブツリガクトクベツコウギ(セイカンブツリガク)
英文授業科目名 Special Lectures in Physics(Intestellar Physics)
担当教員名 尾中 敬,川端 弘治
担当教員名
(フリガナ)
オナカ タカシ,カワバタ コウジ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 集中
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、スライド 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 05 : 天文学
対象学生 博士課程前期(主に1年次)および学士課程4年次
授業のキーワード 赤外線観測、星間塵、星間ガス 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 星間空間に存在するガス、固体微粒子(ダスト)について、主に赤外線観測を中心に、基礎的な理論と最新の観測結果を学ぶ。銀河系内の天体から、系外銀河における星間物質の進化についても考察する。 
授業計画 以下の項目について、それぞれ1-2コマの講義を行う。
 1. 星間物質の概要
 2. 固体微粒子の散乱、吸収過程
 3. 星間ガスの観測
 4. 星間塵の観測 I
 5. 星間塵の観測 II
 6. 銀河の赤外線と星間物質の進化

全体の講義の最後にレポート 
教科書・参考書等 参考書として
Draine, B. T. 2011, Physics of the Interstellar and Intergalactic Medium
   Princeton University Press: ISBN: 978-0-691-12214-4
Tielens, A. G. G. M., 2005, The Physics and Chemistry of the Interstellar Medium
   Cambridge University Press: ISBN: 0521826349
Kwok, S., 2007, Physics and Chemistry of the Interstellar Medium
   University Science Books
Bohren, C. F. and Huffman, D. R., 1983, Absorption and scattering of  light by small Particles
   Wiley 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 スライド中心(資料として配布予定) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
講義資料を復習することが望ましい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 平常点(50%)とレポート(50%)で評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ