広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 理学部
講義コード HB195000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 計算数学演習
授業科目名
(フリガナ)
ケイサンスウガクエンシュウ
英文授業科目名 Exercises in Mathematics for Computation
担当教員名 粟津 暁紀,藤井 雅史
担当教員名
(フリガナ)
アワヅ アキノリ,フジイ マサシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水9-10,金1-2:メディアセンター本館2F端末室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心、計算機使用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 01 : 数学・統計学
対象学生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
数学プログラム
(能力・技能)
・数学的問題の定式化と解決能力を身につける。
・情報に関する基礎的知識・技術・態度を学び,情報の処理や受発信および情報の活用を適切に行うことができる。 
授業の目標・概要等 1. C言語によるプログラミング
2. gnuplot を用いたデータの可視化
3. 常微分方程式系の数値解法 
授業計画 第1回 C言語によるプログラミング1
第2回 C言語によるプログラミング2
第3回 C言語によるプログラミング3
第4回 C言語によるプログラミング4
第5回 C言語によるプログラミング5
第6回 C言語によるプログラミング6
第7回 C言語によるプログラミング7
第8回 C言語によるプログラミング8
第9回 gnuplot を用いたデータの可視化1
第10回 gnuplot を用いたデータの可視化2
第11回 常微分方程式系の数値解法1
第12回 常微分方程式系の数値解法2
第13回 常微分方程式系の数値解法3
第14回 リズム現象及びカオス 1
第15回 リズム現象及びカオス 2

小レポートおよび期末レポート 
教科書・参考書等 毎回演習のwebページを参照する 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 情報メディアセンターの計算機を使用 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
計算数学を同時に履修する事が望ましい。
C言語のプログラムは初歩中の初歩から教える。
課題を自分で考え、実際に手を動かして計算機を使い、数値計算の考え方や方法に慣れること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート(複数回実施)と期末レポート 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 この授業科目は,教職実践演習を受講するために必要な教員免許ポートフォリオに関係する科目です。
教職実践演習は,教員として必要な知識技能などが習得できていることを確認する授業です。
教員として必要な知識技能などを習得しているという証拠や振り返るための資料として,この授業には次のキーワードが設定されています。これらのキーワードを基にして各自で振り返りを行い,教職実践演習への活用に役立てて下さい。
1.一階微分方程式,2.定数係数二階線形微分方程式,3.強制振動と共鳴,4.定数係数一階線形連立微分方程式,5.化学反応系や生態系のモデル化と解析,6.ニュートンの運動方程式によるモデル化と解析 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ