広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード G6257001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 特別講義(生命保険を考える)1
授業科目名
(フリガナ)
トクベツコウギ(セイメイホケンヲカンガエル)1
英文授業科目名 Special Lectures (Topics in Life Insurance)1
担当教員名 鈴木 喜久,西原 和也
担当教員名
(フリガナ)
スズキ ヨシヒサ,ニシハラ カズヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月3-4:法・経B255
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
対面を基本とする。
講義中心、ディスカッション。
 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 03 : 経済学
対象学生 2年次生以上
授業のキーワード 社会保障制度、生命保険、生活設計、リスク管理、公的保障、実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
社会保障制度の概要を学び、公的保障と私的保障のありかたを考えることで、社会生活の中で様々な問題発見・課題解決を図る能力を身につける。(現代経済プログラム) 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 生活の様々な局面に潜むリスクについて理解し、リスクを回避・抑制する手段の一つである生命保険の仕組・役割等について学ぶことを通じて、これからの持続可能な社会を営む一員として役に立つ知識・考え方の習得を目指す。 
授業計画 第1回 オリエンテーション・生命保険総論
第2回 生活設計とリスク管理①
第3回 生活設計とリスク管理②
第4回 公的保障と生命保険①-死亡保障・医療保障
第5回 公的保障と生命保険②-老後保障・介護保障
第6回 生命保険契約のしくみ①
第7回 生命保険契約のしくみ②-保険料と運用
第8回 生命保険商品の変遷・動向
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回

講義の日程が入れ替わる場合があります。 
教科書・参考書等 毎回の講義時に資料を配付する。
テキストは特に指定しない。
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料(Bb9からダウンロードして下さい)
映像(DVD/PC/その他画像資料)
 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業で使用した資料に基づいて復習を行うことが、内容理解において望ましいと考えます。 
履修上の注意
受講条件等
本講義履修者は、本年度の特別講義(生命保険を考える)2 を併せて履修した場合に単位認定します。本年度の特別講義(生命保険を考える)2 を履修しなかった場合には、「不可」となります。 
成績評価の基準等 レポート、期末試験等について、開講時に説明します。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
本講義は,一般社団法人 生命保険協会による冠講義です。各回の授業は生命保険協会,生命保険会社大手社および生命保険文化センター等の実務家によって行われます。 
メッセージ 少子高齢化の進展を踏まえた社会保障制度の改革状況について、メディア等を通じて情報収集し、課題認識の向上を図ると、より講義が楽しく理解できるようになると考えます。その上で、生活設計・生命保険について学ぶことは、それぞれの人生について考える大変有意義な機会にもなります。 
その他 授業科目において、受講者カードによってアンケートを実施しますので、回答に協力ください。回答には講師からコメントをフィードバックし、今後の授業改善つなげていきます。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ