広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教育学部
講義コード CC600133 科目区分 教職専門科目
授業科目名 教職入門
授業科目名
(フリガナ)
キョウショクニュウモン
英文授業科目名 Guidance on the Teaching Profession
担当教員名 曽余田 浩史,村上 真実,吉賀 忠雄,米谷 剛,宮本 勇一
担当教員名
(フリガナ)
ソヨダ ヒロフミ,ムラカミ マミ,ヨシガ タダオ,ヨネタニ タカシ,ミヤモト ユウイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月7-8:文B204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 総文法経
授業のキーワード 教職、教職の使命、研修、服務規律、実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
初等教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・小学校と初等教育の意義に関する基本的理解ができている

特別支援教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・基礎免許となる初等教育の意義や教職,教科指導の理論と方法に関する基本的な知識・理解が備わっている。 
授業の目標・概要等 将来教職に就きたいと考えている学生を対象に、教職の役割・意義・使命、教員の職務内容、教職に必要な資質・能力、教職生活の現実、あるべき教師像について、現代日本における教育課題をふまえつつ理解させるとともに、教職への意欲を高め、「職業として教職を選択するとはどういうことか」「自分はどのような教師をめざすのか」等の自己決定や資質能力向上への態度形成を支援する。 
授業計画 教育法規からみた教師の職務内容〜教員の職務とその教育法規、オリエンテーション〜(担当:宮本)
学校と教職の意義〜専門職としての教師〜(担当:宮本)
学校と教職の意義〜教員養成のシステムと学校・教職の現代的課題〜(担当:宮本)
教職を目指すための自己理解〜教員に求められる資質・能力〜(担当:宮本)
教育法規からみた教師の職務内容〜公務員としての教員の服務と身分保障〜(担当:村上)
教育法規からみた教師の職務内容〜マネジメントと「チーム学校」〜(担当:村上)
教職を目指すための自己理解〜学習する教師:研修および教師としてのキャリア~(担当:村上)
教育法規からみた教師の職務内容〜児童生徒に関する法的理解とまとめ、中間試験〜(担当:村上)
教育法規からみた教師の職務内容〜校務運営と教育課程〜(担当:吉賀)
学校教育への入門〜学級経営と特別活動〜(担当:吉賀)
学校教育への入門〜授業をつくる:基本的な考え方〜(担当:吉賀)
学校教育への入門〜授業づくりの実際〜(担当:米谷)
学校教育への入門〜生徒指導〜(担当:米谷)
学校教育への入門〜道徳教育〜(担当:米谷)
講義のまとめ、期末試験(担当:米谷) 
教科書・参考書等 授業開始前に指定する。
幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)、小学校学習指導要領(平成29年3月告示 文部科学省)、中学校学習指導要領(平成29年3月告示 文部科学省)、高等学校学習指導要領(平成30年3月告示 文部科学省)を主とし、授業開始前に指示する。
授業中に参考資料を適宜配布する。
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
テキストの各章を予習・復習として読むこと。 
履修上の注意
受講条件等
教職必修(教職の意義などに関する科目) 
成績評価の基準等 授業後に提出する小レポート(20%)と、中間(40%)・定期試験・期末課題期末試験(40%)によって評価する。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 校長経験のある教員が、教職経験を生かし、教職の役割、意義、使命や職務について講義する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ